flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

2台のMacを全く同じ環境になるようにイチから設定し直した

CategoryMacBook Air (Mid 2012)
  •  closed
  •  closed
MacBook Air (11-inch, Mid 2012) と MacBook Pro (Retina, Mid 2012)を使っています。

201302mbpmba04.jpg

今回、両機ともにOSを再インストールし、アプリをすべて設定し直しました。めんどくさい作業ではありますが、ぜひそうしたかったのです。

なぜそんなことをわざわざしたのか。その理由は、2台のMacで全く同じ環境を作りたかったからなのです。理由はしごく簡単ですが、もう少し詳しくお話します。

当初はMacBook Pro Retinaディスプレイを1台だけ使っていた


MacBook Pro (Retina, Mid 2012)を昨年6月から使っています。15インチのこのマシンはスゴイ。こんなにすごいノート型パソコンは他にない、と私は断言します。Retinaディスプレイのおかげでこのマシンは表現力がずば抜けています。写真はもとより字の表示がとても綺麗。見やすい。

Retinaディスプレイ対応していないアプリも当初はたくさんあったのですが、いまではだいぶ改善されました。多くのアプリがRetinaディスプレイのメリットを享受しています。

私はこれまで2台、3台のMacマシンを同時に使ってきたのですが、様々な事情からMacBook Pro 1台のみで Mac を楽しむようになりました。とりわけiOSデバイス と Mac の親和性が高いです。外出先ではiOS機だけを、家では Mac を中心にと、使い分けてきました。とくにセルラー通信できる iPhone を非常に重宝しているのは言わずもがなです。

優れた Mac のソフトウェア「TextExpander」との出会い


MacBook Proは家でのみ使ってきました。持ち出すことはほんとにごくまれ。そんなおり「TextExpander for Mac」というソフトウェアと出会いました。これが自分にとってはかなり衝撃的でした。

「ああ、このソフトウェアのおかげで、さまざまな面で省力化が図れる!」

これまで Mac のソフトウェアをたくさん使ってきましたが、けっきょく使わなくなるものも多いです。便利さをうたっていても、じっさい自分で手を動かしてみると気に入らないということも少なくなかったです。あるいは私自身のスキルが足りないから、使いこなせなかったというようなこともあったと思います。

しかし「Text Expander for Mac」はたんなるテキスト補助ツールにとどまりませんでした。「効率的なアウトプットには欠かすことができない」、ひいては「これを家でだけで使っているのはもったいない」などと考えるようになりました。自分にとってはガツンと蒙を啓かれる感じがしたのです。昨年11月のことです。

 TextExpander for Macを使えばタイピング速度が飛躍的に向上します おかゆ MacBook

それまでは iOS + iPhone/iPad 用のアプリを外で使って満足していたわけですが、「Text Expander for Mac」を外で使えたら幸せになれるかも?! と思って、MacBook Airの購入を検討しだしました。

MacBook Airを買うなら(自分にとっては)USキーボードが必須です。Apple Store の今年2013年1月2日の初売りに照準を定め、MacBook Air (11-inch, Mid 2012) をゲットしました。

 MacBook Air 11-inch (Mid 2012) をゲット

MacBook Air 11インチは1.06kgです。いっぽうMacBook Pro 15インチは2.02kgです。外出時には薄くて軽いMacBook Airのメリットを活かしたい!そして、帰宅したら写真や文字の表示に優れたMacBook Proのメリットを活用したい。両者のいいとこ取りです。

クラウドストレージによるデータの共有が当たり前


MacBook Pro (Retina, Mid 2012)に加えて、MacBook Air (11-inch, Mid 2012) を使い始めたのですが、データの共有はすでにクラウドストレージの iCloud と Dropbox でおこなっていました。

Apple の Documents in the Cloudを使えば、Numbers などの特定のアプリのデータは様々なデバイスで簡単に共有できます。それ以外のアプリでファイル共有をしたければDropboxに任せればいいです。(TextExpander と1Passwordの設定データはDropboxを経由します。)

ほかのクラウドサービス(SkyDriveや Google Driveなど)も検討しましたが、保存場所をむやみに増やすのは好ましくないことと、iCloud と Dropboxだけで十分賄えることから、いまのところそれらふたつだけでいくことにしました。

二台のMacの微妙な差異が大きなストレスになった


クラウドストレージを使えばデータの共有が簡単に行えます。二台のMacのどちらをつかっても同じデータにアクセスできる。さらにいえば iPhone/iPadでも同じデータに等しくアクセスできます。

また、 Mac にインストールするアプリも二台とも全く同じにしたいと思いました。MacBook Airを使い始めた当初は、MacBook Pro には入れているアプリが、MacBook Airには入っていない(あるいはその逆)ということがあったのです。はじめのうちは「お試し」ということでそれでもよかったのでしょう。

しかし真剣に使っているはじめると両者の些細な違いがだんだんストレスになってきました。あのアプリが入っていない。あるいはドックのアイコンの並びがちょっと違う。システム環境設定の共有するサービスが違っている、などなどです。

Macを外で使う目的はアウトプットです。しかしその前提の、システム上のビミョーな差が気になりだしたということです。もっと丁寧にMacを設定しなければならないと強く感じました。

このビミョーな差を解消すべく、二台のMacを可能な限り同じ環境に整えることで、より快適に Mac を扱えるようにしてやろうと考えました。そこで思い切って、二台ともOS X Mountain Lionを再インストール(初期化)し、記憶に頼らず、イチからネットワークの設定、アプリのインストール等を全く同じようにしました。

ソフトウェアを複数のMacで使うとき、ライセンス契約はどうか


さてソフトウェアを複数の Mac にインストールするとき、ライセンス契約に注意する必要があります。ソフトウェアをひとつ購入したとします。それを複数の Mac にインストールできるかどうかは、そのソフトウェアのライセンス契約に基づきます。

1) まず Mac App Store で購入したソフトウェアです。こちらは同一の Apple ID で使用している場合、複数の Macにて使用できます。とてもわかりやすいです。

2) つぎにMac App Store以外で購入したソフトウェアです。こちらのばあい、多数のケースが考えられます。

 a) 一人のユーザが1台の Mac にインストールできる場合。
 b) 一人のユーザが複数台の Mac にインストールできる場合。
 c) 一人のユーザが1台の デスクトップMac と1台の ポータブルMacにインストールできる場合。
 d) 家庭用。
 e) オフィス用(同一事業所内での5ユーザまで、など)。

などなど、ライセンス契約によってさまざまです。だからソフトウェアごとに契約自体を確認する必要があるのです。

今回、私がインストールしたいソフトウェア「TextExpander」や「Audio Hijack Pro」は、Mac App Store外で買いましたが、契約上一人のユーザが複数台の Mac にインストールできます。

http://smilesoftware.com/textexpander/faq.html
http://rogueamoeba.com/audiohijackpro/buy.php

さらに私がインストールしたいOffice for Mac 2011は、私が購入したエディションは契約上2台のMacまでインストールできます。(インストール台数は購入したOffice for Macのエディションにより異なります。)

今回、ライセンス契約に違反することなく、MacBook Air と MacBook Pro に希望するソフトウェアをインストールできることを確認しました。^^

Dockも同じ。アカウントのアイコンも同じ。ことえりの設定も同じ


そしてDockに並べるアイコンも、順番も綺麗に同じにしました。ハードウェアは別として、OS と ソフトウェア、共有したいデータ以外が一緒です。Macにログインするさいのアカウント名、アカウントのアイコンも一緒にしました。デスクトップピクチャも一緒です。またことえりの細かい設定もまったく同じにしました。違いはせいぜいコンピュータ名が「◯◯のMacBook Air」、「◯◯のMAcBook Pro」ぐらい?

そのように丁寧に設定を施してやることによって、一部を除いてはまったく一緒の Mac 環境が出来上がりました。

・MacBook Air (11-inch, Mid 2012)
201302mbpmba02.jpg

・MacBook Pro (Retina, Mid 2012)
201302mbpmba01.jpg

これにより両方のMacを、差を意識することなく、スムーズに扱えるようになりました。手間暇をかけてよかったです。

同じ環境にできなかったところ


さきに「一部を除いて」と申しました。結局のところ2台のMacは完璧には同じ環境になりませんでした。理由はいくつかあります。

 1) 第一に、iOSデバイスの管理をMacBook Proだけでやりたかったこと。(iTunesライブラリ)
 2) 第二に、共有したくないデータは、MacBook Proだけにおきたかったこと。
 3) 第三に、Garageband は、MacBook Proだけでやりたかったこと。

こんな事情がありました。

しかしこれらの事情は、MacBook Air を外で活用するということを大きくは妨げていません。(共有したくないデータは、もっとよい管理方法があるかなー、など考えてはいますので、これは今後の課題です。)

長々と書いてきましたが、けっきょくMacは個々人それぞれがそれぞれの目的のためにカスタマイズして、使いやすくしています。複数の Mac を扱うとき、そのカスタマイズをどのMacでも同じように施してやると、ユーザビリティが向上すると感じました。^^

複数のMacを使うのは贅沢ですが、生産性を高めてくれる方法だと私は考えています。

アップルオンラインストアでMacを見てみる
Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)