flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

Cover Flow で ベストショットな写真を探す

CategoryOS X
  •  closed
  •  closed
どうも、Jack です。

Leopard の Finder の新機能である「Cover Flow」についてちょっと述べたいと思います。

元麻布春男さんが「FinderとExplorerに見るMac OSとWindowsの共通点と相違点」というコラムの中で、「Cover Flowで検索性が大幅に強化」と述べています。曰く、

Cover FlowがLeopardで追加された表示モードで、iTunesのCover Flow表示をFinderに持ち込んだ格好だ。したがってマウスのスクロールホイールなどで、フォルダ内のオブジェクトを高速にスクロールしながら閲覧することができる。もしオブジェクトが、OS側で把握したものであれば、その中身をプレビューしながらスクロールすることが可能だ。


Leopard の機能は300以上あるわけだけど、その一つである Cover Flow の便利さって伝わりにくいんです。すごく直感的な、ことばにしづらい部分なんです。字で見ると「ふーん、それで?」と言われかねない。けれど、実際に操作してみるとすんごい便利なんです。MSエクセルだろうが、PDFだろうが、さっと表示してくれる。これ、仕事場でも使いたくなるような機能なんです。たとえばボクはたくさんのエクセルファイルと毎日にらめっこしてるわけだけど、選ぶときはファイル名か日付。だけど、Cover Flow があったらファイルを開かずともグラフィカルに選択することができる。あいにくボクの職場は Windowsだからどうしようもないんだけど、もー Mac 最高、Windows XXX といわずにはおれませんな。

言語化しづらいこの機能のすばらしさをお伝えするために、ブロガーのことばを借りることにしましょう。「デジイチ最新情報!」より引用します。

特に「Cover Flow」は大きな革新だ。
実はiTunesに「Cover Flow」が実装されたときは、それほど便利な機能だとは思っていなかったんだ。まあ、アルバムが少なかったというのもあるけどね(笑)それが、デジカメで撮った大量の写真で使ってみると、全く違う印象になった。
写真を「Cover Flow」で見ると、なんて楽しいんだろう!
時間軸によって写真が流れていく様子は、写真を撮った時の気分がよみがえるし、想い出を追体験させてくれる。これは今までの画像ビュアーにはなかった経験だ。
デジカメユーザーならLeopard!(Quick Look編)」より引用



さぁ、もう Cover Flow を使わない理由はなくなりました。何をしよう? iWeb でサイトを作成しようではありませんか!(強引)

実はボクはとあるミュージシャンのオフィシャルホームページを作っています。以前は htmlタグを自分で打って作成していました。そのほうがどこに何があるか把握できるからです。しかし、去年 MacBook を買ってからというもの、iWeb に切り替えました。iLife のなかでも一番利用率が少ないと思われる iWeb。いや、使わない気持ちはわかる。けれど、iWeb いいですよ。ほんと。ボクはそのミュージシャンのサイトを作ってるんだけど、iPhoto なんかの連携がすごい。D&Dで完結する凄みがあります。

今回 Finder を起動して、そのミュージシャンの写真の詰まったフォルダを Cover Flow してみたんですけどね、これが楽しいんだ。ホームページにどのベストショットな写真を載っけよう?などと考えながら、くるくるーっとマイティマウスを回す。これ、非常に重要なんです。この直感的な、大脳を一番刺激する写真てどれかなー、って考えながら選ぶ瞬間がね。もちろんiPhoto でもいいんですけど、くるくる捲る感覚は Cover Flow のほうが優秀だな。

そして iWeb に載せて upload。とても簡単。べつに .Mac でなくても、ほかのサーバーにアップだってできます。

昨今 blog が隆盛をきわめ、個人で「ホームページ」を持つなんてことはあまりはやらなくなったかもしれないけれど、デジカメで撮った写真を公開する手段としてはホームページはまだまだ有効だと思います。みなさんも Cover Flow で検索した画像を iWeb で公開してみてくださいな。

Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)