flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

「アップル5%切る」とは

CategoryApple
  •  closed
  •  closed
どうも、Jackです。

今朝の日経朝刊につぎのような記事が出ています。

米IT大手、日本市場の比重低下・アップル5%切る
アップルの07年9月期の日本での売上高(直営店での販売を除く)は10億8200万ドル(約1160億円)。会社全体では24%の増収だったため、全売り上げに占める日本の割合は4.5%まで落ち込んだ。03年までは10%台を保っていたが、今や、「世界の主要市場で唯一、アップルが大きく成長できない」(ティム・クック最高執行責任者)状況だ。


ワールドワイドのアップルに占めるアップルジャパンの売上の割合って、12月の東洋経済によれば、10年前の数字で20%もあったそうです。それがいまや4.5%とのこと。おもわず疑いました。

この記事は紙面ではもうすこし長いです。関係するところのみ、引用します。

「背景には日本市場での需要の伸び悩みがある。個人向けパソコンの冷え込みが響き、アップルの0七年九月期の販売台数は前年同期比一%減少。携帯音楽プレーヤー「iPod」も価格下落を補うほどの需要はなく日本では減収だった。中南米や中東欧が延びる、米州、欧州事業が二ケタ増収となったのとは対照的だ。」

毎日アップルのことばかり考えているボクにとっては、「iMac大人気、iPod最高」なんて思ってたわけですが、大いなる勘違いでした。数字で見るとむしろ減少、減収なんですね。そりゃー、アップルストアも増えないわけです。

この記事は次のように締めくくられています。

「日本のIT市場は従来、米国の有力企業も重視してきた。しかし少子高齢化などで需要が減退し出すと、製品の日本語化や独自の規格・商習慣への対応に手間がかかる日本市場の負の側面が目立ち始めている。新製品や技術投入で日本が後回しになると、日本の競争力にも影響する可能性がある。」

いまの日本社会の政治状況、経済状況を含めて危機感を抱かない人はほとんどいないとおもうんですが、グローバル社会での日本の今後の発展はほんと厳しいなと、アップルジャパンの経営成績を通じて読みとりました。たしかに日本人で大学を卒業しても英語をしゃべれないひとが大勢いるわけで、この状況はまずいですよね。政府のIT化もぜんぜん遅れてるし。(Mac排除なんていうとんでもない時代錯誤なこともしているし) 中国やシンガポールなんかのひとたちのほうがハングリー精神旺盛だったりするし。。。

いっぽう、この比重低下の原因を日本社会にではなく、アップルジャパン自体にも求めることも当然できましょう。ジャパンは、他のリージョンに比べてそれほどたいしたことをやってないんだなということが明らかになりました。熱狂的ユーザとしてボクはアップルの広告やマーケティングなど多く目にする機会があるのですが、実際のところ、目に見える効果をあげていないともいえそうです。ここについては情報がないので述べるのはやめておきます。しかし、まさか、iPhone のアジアへの投入も、日本以外が先になったりして。。。ま、そういうことはMWSFのあとに話しますか・・・(汗、、、

Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)