flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

Q2はノート型Macが好調。日本でのAirはどう?

CategoryMacBook Air (Early 2008)
  •  closed
  •  closed
どうも、Jack です。

今日の日経夕刊3ページ目。
nikkei0.jpg


興味深いのがこの売上の推移。(同じく日経より引用)
nikkei1.jpg


FY08Q2 (1-3月期)は、FY07 Q1 (2006年の10-12月期)を上回っています。クリスマスシーズンを含む四半期に勝るとは驚きです。
いつもの村山恵一さんの記事はウェブで読めますが、新聞紙面はもっと長く掲載されています。(読みたい人は新聞を買いましょう)特にボクが注目したのは「薄型ノートがけん引した」とのこと。伸び率はパソコン業界の3、4倍というからすごい。この点について、ほかのソースから引っ張ってみましょう。

アップル、2Qも堅調な業績――「iPodの売上げは鈍化したが、Macは好調」
(コンピュータワールドより)

この記事からノート型について引用してみましょう。

同四半期は、「MacBook」「MacBook Pro」、そしてこの期にリリースされた薄型ノートMac「MacBook Air」などノートMacが好調で134万台出荷され、売上高は20億4,000万ドルに上っている。Appleによれば、MacBookおよびMacBook Pro製品ラインへの高い需要に支えられ、ノートMacの売上げが伸びたという。同社はMacBook Airの売れ行きも好調だとしている。



SECのこのページをみればわかるように、ポータブルがすごいことになっている。前Qよりも台数7%増、売上5%増とのこと。上のグラフで見たように1-3月期はいつも落ち着く。なのに今年は伸びてる。驚きの数字といっていいでしょう。

ただ、数字からちょっと離れて、いまの Mac のノートを俯瞰してみると、MacBook、MacBook Air、MacBook Pro、どれも魅力的な商品じゃありませんか? どれを買ってもコンジューマーは満足できるのではないでしょうか。安くて白と黒のデザインが愛らしいMB、薄くてどこにでも持っていきたくなるMBA、プロユースに耐えるMBP。まるで隙がない。デスクトップ型はわりと文句がでるけれど、ノート型は布陣がかなりしっかりしていると思います。今回「記録的な業績」ということだけれど、驚くことはなくて。アップルが企業としてきっちりといい仕事をしてきた積み重ねがこの数字に現れただけだと、ボクは捉えました。アップル経営者や社員が一生懸命仕事をして出した結果は、本当にすばらしいものだと思いますね。

さて、上記の Financial results をみて、ひとつ言いたいことがあります。それは日本市場でMacBook Air は売れているのか?ってこと。残念なことに、ポータブル型のMacの販売台数は公表されても、そのプロダクト別については、どうやら外には出てこないようです。したがって MacBook Air がどれだけ売れたかはわからない。まして日本でのその数字なんてのは出てこない(と思う)。

コンファレンスコールの最後に MacBook Air について「No data on Windows users. Popular among a wide variety of consumers. Very little cannibalization of other models.」という発言がありました。(MacRumorsを参考にしました)MBAがMBやMBPを食っちゃうことはないと。それぞれが売れているということだと。であれば、次の日本での事象はどう考えれば良いのか。

concallmba.png

(価格.com より引用)
MacBook Air が、4月にはいってから急に値段が下がっているのです。18万円を切っちゃった。一方で、同価格帯のMacBook Pro はとても緩やかに下がっている。一般的なアップル製品のグラフといっていいでしょう。

concallmbp.png

(価格.com より引用)

ボクの推論は、1799ドルというUSの売価 (excluding VAT) に対して、229,800円 (including VAT) というプライシングが日本の消費者に受け入れられなかったというものです。

誤解のないように申しますと、ボクはMacBook Airを次に買うMacに決めています。こんな最高なプロダクトはないと思っています。リュックに入れてタリーズでココアでも飲みながらMBAをいじりたいんです! でもちょっと、かる~く高いよね。

MacBook Airに触れて、驚かないアップルファンはいないと思うし、薄型ノートMac は日本市場向けのテコ入れだという論調も以前から聞かれていたと思うんです。ですが、日本では MacBook Air は売れていないような気がします。一つの証拠はBCNランキングです。今日現在MackBook Air は58位。(MacBook は13位)これはおかしいだろ。MBAはもっと高い位置にランクされて当然だと思う。これはアップルジャパンのマーケティングの問題に起因するんじゃないのだろうか。

結論ですが、アップルジャパンのマーケ責任者、プライシング責任者は即刻MBAの値段を改めるべき。1ドル100円とはいわないけど、それに近い数字で出してほしいです。お願いします・・・。お願いします・・・。

Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)