flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

書斎がないならMacBook Airを買えばいい - 複数台Mac所有の愉悦

CategoryMacBook Air (Early 2008)
  •  closed
  •  closed
ついに MacBook Air を手に入れることができました。Early 2008、US キーボードモデルです。2008年1月に行われた MacWorldの基調講演で華々しくデビューを飾った MacBook Air は、ほかの多くのアップルファンと同様すぐに所有したいという気持ちに駆られましたが、諸事情によりすぐに購入するには至りませんでした。しかし今回ようやく購入することができて、とってもうれしい限りです。

yuetsu1.jpg


今回入手した MacBook Air は前のモデルですから、現行機と比べると見劣りします。Apple Store 銀座の店員さんの話によれば、現行のSSDモデルは、起動が25秒ぐらいだそうで、この数字は HDDモデルの半分だそうです。現行機種はグラフィック周りを含め、細かなところで改善がなされているわけです。

一般にエレクトロニクスデバイスは、生モノと考えていいです。古くなればなるほど鮮度は落ち、価値は減じます。だから今回 MacBook Air の新品を15.8万円で安く買えたけれども、価格相応であるとも言えます。

しかしボクは、薄くて軽い MacBook Air のルックスこそ本質だと捉えました。この機動力はスペックシートにはあらわれないけど、自分のコンピューティングライフにパワーになると思ったのです。

先日、電車に乗りながら、偶然オンラインの Apple Store を iPhone で見ていたところ、ディスカウントで出ていた MacBook Air を発見しました。旧モデル新品は Apple Store にたまーに出ます。2分ぐらい逡巡し、[Buy Now] をポチっと押してしまいました。電車に乗りながら高額な買い物は初めてです。

Mini Display Port、HDDの容量、4本指スクロールなどなど、現行機と比較して気になるところはもちろんあります。。でもおこづかいを貯める時間をかけるよりも、購入を優先したほうがいい。そういう判断を下した2分間でした。


1. 書斎がなくなったから、iMac を手放し、MacBook Air を買った。

さて、ここでひごろ思っていることを述べたいと思います。それは「すべての職業人は書斎を持つべきだ」ということです。これはボクの大学時代の恩師のことばです。まさにその通りだと実感してます。

書斎で一人っきりの時間を持つということは、どんな職種の職業人にとっても重要なことだと思います。このことは、ホワイトワーカーであれブルーワーカーであれ仕事の種類に関係ないです。仕事をしたり、勉強をしたり、読書したり、あるいは家庭の請求書を処理したりなどするための独立した部屋を職業人は持たねばならないと思います。

なぜこういうことをいうかというと、今のボクには自分専用の書斎がなくなってしまったからなのです。 書斎を持っている人がうらやましい。 たとえMac がなくても書斎があるほうが大事ですよ。ボクは中学生から結婚するまで個室を持っていたのですが、結婚して赤ちゃんが生まれてから、ボクの書斎は赤ちゃんのプレイグラウンドと化してしまったのです。うちでは赤ちゃんが王様だ。であるならば、ボクは夜、空いているダイニングに引っ込むしかない。 そこで書斎にあった机とiMac を手放してしまいました。

その代わりに MacBook Air を買いました。MacBook Air をどこにでも運んで、そこを書斎にしてやろうという考えです。近くのカフェや図書館、ファミレスでもいい。 MacBook Air をさくっと持ち運んで、自分だけの時間を楽しんでやろうという企みです。

yuetsu2.jpg

2. iMac に比肩するMacBook (アルミ) のパフォーマンスはAir の欠点をカバーする。

つい先日までボクは iMac (Mid 2007) を使っていました。iMac は素晴らしい。そのパフォーマンスと価格比が素晴らしいし、なによりファンが回らないので、作業に集中できます。20インチのモデルは横から見ると黄色いので、ディスプレイの品質は良いとはいえないが、低価格なので相応ともいえると思います。気になる場合は IPSパネルの24 インチを選べばいい。

だけど、前述の理由で iMac は手放してしまった。そこで、これまでやっていた GarageBand や iMovie の編集作業を MacBook (アルミ, 2.0GHz、4GB) に任せることにしました。この MacBook が本当にパワフルなのです。CPUパワーの食うようなややこしいことをファンを回さずに軽々とやってくれます。そのパワフルさにおいては iMac に比肩しうると思っています。(もちろん総合的には iMac が上でしょうが、体感上は比肩しうるのではないか。)

MacBook は1280 x 800 という画面サイズで、編集作業をするには比較的小さいので、面倒です。いっぽう以前使用していた iMac は 1680 x 1050 という大画面で使いやすかったのは事実です。

しかしながら、MacBook はホームユースでは必要十分という結論に至っています。(ボクは、MacBook (アルミ) は、Mac の新規購入希望者にとって、真っ先に購入検討されるべきマシンだと考えています。そして、もっと大きな画面が欲しければ、MacBook Pro なり、iMac を選べばいいと考えています。)

そして、MacBook Air の欠点であるパフォーマンスを MacBook (アルミ) を使うことで補おうと考えたのです。ムービーや音声の編集作業は、MacBook で行う。いっぽう、(ふだんよく扱う)テキストやiWorkなどは MacBook Air で行う。そういう役割分担をしようと思ったんです。


3. iPhone は最高の閲覧マシン。モバイル環境で入力を補完する MacBook Air。

Apple ファンならみな iPhone に関心があると思います。ボクも発売日当日に手に入れたクチ。iPhone の再生能力には素晴らしいものがあります。音楽や動画は iPod 譲りの使いやすさ。メールや Safari は Mac OS X なみに綺麗で、わかりやすく扱える。しかもパソコンとは違って、iPhoneはネットにつなぐのに何も考える必要がない。勝手に 3G ネットワークをみつけて、つながってくれる。最高です。

しかし、何かを入力するということになると、iPhone は機能が弱いです。日本語の入力は OS のヴァージョンアップにより改善されましたが、あいかわらずコピーペースト機能がないし、ブログのような長文を書くには適さないのではないか。また表計算は、アプリはあれど、画面が小さく表現力に欠けてしまいます。

そこで、 MacBook Air を iPhone といっしょに一緒にモバイルしてはどうかと思ったのです。カフェで、ブログの原稿を書いたり、あるいは人に見せない文章を書いたりする。Numbers で家計や、旅行のプランを立てる。そして調べものなど情報が必要なときは、iPhone の Safari や RSS リーダーを使う。

(いまのところ MacBook Air に回線がつながらなくてもいいととりあえず思っています。 ブログならば、下書きは外でして、家で AirMac につないでアップロードしてやればいいんではないか。)

iTunes ライブラリは MacBook Air に入れる必要がありません。iPhone に既に入っています。誰かが作った音楽やビデオコンテンツを消費するなら iPhone でよろしい。

むしろ自分で作るファイルを扱うのに特化するマシンとして MacBook Air を捉えています。Mac OS X Leopard の素晴らしい機能はここでは語り尽くせないけど、それを持ち歩いてフルに活用したいと思ったのです。いつでもどこでも持ち運べる、自分の頭脳のサポーターです。

好きな場所に MacBook Air を持っていき、テキストエディットをサクサクっと立ち上げ、ヒラギノ明朝で自分のいいたいこと、思いを書きなぐってみる。最高じゃないか。バッテリーは5時間もちます。

4. Mac を複数台使用する贅沢、愉悦

現在のボクの環境と使用目的は、次のようなものです。

 MacBook Air + iPhone 3G:  テキスト+ ブログ + iWork
 MacBook (黒):   iPhone 3G、Apple TV の母艦、iPhoto、iTunes
 MacBook (アルミ):   Podcast, ムービー編集

自分でいうのもなんだけど、正直、3台もMacがあって贅沢です。でも耐用年数を考えればそれほどでもないかも、とも思っています。それにどれも最も安価なモデルばかり選んで購入してます。^^; 

Mac は、たぶん一台でなんでもやろうと思うと行き詰まります。手軽に持ち歩ける Mac として MacBook か MacBook Airを、がっちり編集できるマシンとして MacBook か MacBook Pro か iMac を、それぞれ1台ずつチョイスすると、グンと扱いやすくなるのではないかと思っています。

MacBook Airは最高ですよ。
Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)