flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

レビュー: 第三世代 4GB iPod shuffle

CategoryiPod shuffle
  •  closed
  •  closed
どうも、Hannah です。[1]

3月12日に入手した新型 iPod shuffle を早速試しています。本エントリはそのレビュー。

1. 新型 iPod shuffle に対する評価 - 結論

結論から言いましょう。第三世代の新型4GB iPod shuffleは非常に良い製品です。その小ささ、VoiceOverの機能、複数プレイリスト対応が iPod shuffle で実現されたことが素晴らしいです。とりわけこれまでの iPod shuffle ユーザにとっては ★★★★★ の仕上がりであると考えます。現時点で専用イヤホンしか使えないという欠点がありながらも、5つ星の評価をボクは与えます。

新型iPod shuffleは、従来のiPod shuffleであることを止め、新しいフェーズに移ったのだとボクは考えています。第三世代の iPod shuffle にとって「正常進化」ということばは不適当だと思います。アップルが言うように「革新的」ということばがもっともふさわしいでしょう。その革新性をボクは高く評価しています。


2. 第一世代、第二世代の iPod shuffle との比較

下は、ボクがこれまで使っていた iPod shuffle です。第一世代512MB、第二世代1GB、そして第三世代4GB。どれも愛着のあるプロダクトです。

newshuffle01.jpg

iPod shuffle の原点はスーパーシンプルさにあります。2005年度グッドデザイン金賞を受賞したときの審査委員のコメントを引いて見ましょう。

「機能だけを形にしたミニマムなコンセプトとスマートでシンプルに表現されたフォルムが美しく、このカテゴリーの中ではそのオリジナリティと完成度は群を抜いている。表示のない割り切りとコンパクトな造形、さらに機能をそのまま表現したネーミング、コストパフォーマンスとどれをとっても大胆な発想が活かされている。」

グッドデザイン金賞 [ iPod shuffle 512MB、1GB ]

このコメントにあるように、iPod shuffle は機能だけをかたちにしてあります。どんな人も使いこなすのにさほど時間がいらないでしょう。ここを押せばこうなるという予測が形状から容易に類推できます。このシンプルさを気に入っているユーザが実に多い。ボクは第一世代の方が第二世代よりも気に入っているんです。第一世代はUSB 端子が内蔵されており、ドックという概念がないからです。キャップを外してMac に刺したら終わり。それだけです。この機能美に心奪われます。

たほう、第三世代のiPod shuffleは相対的に難しくなりました。形状からはなにができるのか想像できなくなっています。複数のプレイリストの構造を理解しておく必要があるため、一段抽象化された操作方法が必要とされています。

たとえば複数プレイリストの再生については、概念的なものであるといえます。初めて触るひとは、どうやればいいか戸惑うかもしれない。この点で第三世代のiPod shuffleは第一世代・第二世代と性質を異にしています。もっともすぐ慣れるけれども。

newshuffle02.jpg

3. 複数プレイリストの作り込み - スマートプレイリストの活用

第三世代iPod shuffle にとり複数プレイリスト機能の恩恵は大いにあります。ひとつはポッドキャストです。これまでボクは音声ポッドキャストを第一、第二世代の iPod shuffle に入れたくありませんでした。音楽と混在するのがいやだったからです。音楽は音楽、ポッドキャストはポッドキャストで区分して聞きたかったのです。そのためポッドキャストを聞くためには、iPhone や iPod nano にいれています。

しかし、第三世代 iPod shuffle ではポッドキャストを iTunes にあるメニューから選べるようになりました。それは "Podcast"というプレイリストとして扱われます。ほかのプレイリストと区別できることは大きなメリットです。

iTunes を深く楽しむにはコツがいると思います。そのひとつはプレイリストをパーソナライズすること。ふつうにお気に入りプレイリストをつくってもいいし、スマートプレイリスト機能をつくってやってもいい。例えばボクは購入した Apple のCMソングなどには、コメント欄に「apple」と入力しています。そしてスマートプレイリストで「コメント欄に "apple"とあるもの」かつ「ポッドキャストではない」という設定をしています。そうすることにより簡単にプレイリストを作ることができます。

プレイリストを作り込めば作り込むほど iPod shuffle が楽しく自分専用のものになります。これが楽しい。第三世代 iPod shuffle は 4GB もの大容量があります。これを最大限活かすには複数プレイリストの導入は必然だったと思います。

4. iPod shuffle の本質的な転換

iPod nano に目を向けてみると、基本的な骨格はすでに第一世代からできあがっていました。その第一世代から第四世代に至るまで本質的な変更は何一つありません。細かいことを言えばキリはないけれど、2005年に出た第一世代から製品としての完成度はすでに高かったと言えます。

一方で、iPod shuffle は第三世代で化けました。繰り返しになりますが、iPod shuffleは旧来のiPod shuffleであることを止めました。これは iPod shuffle ではなく、iPod Voice などと別のネーミングをあたえてもいいぐらいと思います。しかしそうしなかったのは、「Miyuki's Diary」で考察されていることがあるからだろうとボクは考えています。

"今回の新機能VoiceOverはiPodの歴史の中でひとつの節目になるものだと思ったからです。(略)たぶん今後発売になるiPodにはこの機能が搭載されていくんじゃないでしょうか。" 「やっぱり買ってしまいました」(Miyuki's Diary)



VoiceOver機能を iPod shuffle だけの専売特許とすることもないのでしょう。VoiceOverは、すでに完成度は高いです。英語のなめらかさは Alex で実証済み。これは Mac ユーザには驚くべきことでもなんでもない。しかし日本語については、ここまでいけるのかと思ってびっくりしています。曲/アーティスト/プレイリストの漢字をかなりの精度で読んでくれます。もうこのレベルであれば十分認識できる程度でしょう。(ちなみに「Episode 46 "新型iMac発売"」を iPod shuffle に読ませたところ、ボクの環境では中国語として扱われました。笑えます。)

***

iPod のいいところは、どのモデルを買っても満足できるところ。iPod Classic の劣化版が iPod nanoやiPod shuffleとして扱われないということです。またその逆でもない。第三世代のiPod shuffleは、iPod のラインナップでも頭一つ飛び抜けた面白い機能があるので、とりわけ旧来のiPod shuffleユーザの人はぜひお店で試したらいいと思いますね。


[1] 改名しました。

Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)