flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

MacBook Air を用いて、英語をディクテーションで学習する方法

Category自炊
  •  closed
  •  closed
本エントリでは MacBook Air を用いて、英語をディクテーションで学習する方法について述べます。この方法は、別に MacBook Air に限るわけではないのですが、Air を最近買ったので、タイトルをこのようにつけてみました。^^; 単なるうれしがりです ^^; ほかの Mac をお使いのかたも読んでくださればと思います。

ボクはこの5月に TOEIC を受けるべく、受験を申し込みました。前回の受験から1年半が経っているので、自分の英語力を改めて確認したいという気持ちと、もう少し英語力をブラッシュアップ、パワーアップしたいという気持ちの2つがあります。

ボクがこれまで役に立ったなと思う英語学習法は3つあります。ひとつはシャドウイング。ひとつはネイティブによるライティングの添削チェック。そしてもうひとつはディクテーションです。今回、勉強を再開するにあたり、ディクテーションをまず採用することにしました。ようするに英語の「書き取り」です。

ディクテーションを行うにあたり、ボクは「日本人は英語のここが聞き取れない」という本を使うことにしました。続編も出たので、いい本だと考えています。また、これはボクの知り合いで英語に堪能なひとから以前薦められた本です。

ボクはこの本にすこし取り組んで、TOEFL 273(CBT) を取りました。TOEIC・TOEFLスコア換算表によれば TOEIC に換算で985 点です。試験内容が違うので、厳密に比較するのは困難ですが、相関関係を考慮するとだいたい940点前後レベルとはいえると思います。ドメドメにしてはいいほうかな。ボクの実力はその程度です。


1. MacBook Air でディクテーションする。

さっそく「日本人は英語のここが聞き取れない」に付属のCDを iTunes に取り込みます。ボクの MacBook Air の iTunes にはこれしか入っていません。楽しい曲は、iPod や iPhoneに入っているからそれで十分です。ボクの MacBook Air はストイックなんです。
dictation01.png

学習する曲を再生します。iTunes で1曲のみをリピートする設定を選びます。
dictation02.png

再生させながら、ひたすらディクテーションします。iWork 09 のPages をつかって聞いては書き、聞いては書きをなんどもやります。このときPagesの全画面表示機能をつかってやると、白い画面しか映らないので、集中力が妨げられなくてすみます。(なので、TexteditよりもPagesです。)
dictation03.png
いまの Mac にはファンクションキーに再生とか一時停止、戻りが割り当てられています。これが音声ファイルの再生にとても便利なんですよね。学習にうってつけと思います。もちろん MacBook Air にも割り当てられています。

さて、ディクテーションがどうにか終了できました。そしたら、自分の回答を下にコピペして、本をみながら添削します。(コピペした部分には黒字に Bold して、自分の回答と分けてやります。) 赤字で記入したのが添削箇所です。
dictation04.png
いっぱい間違っています。ブログにあげるのが恥ずかしい。スルーしてください。^^;

なお Pages のSpell Check機能はデフォルトではオンになっていますから、こちらを停止しておかないと意味がないです。はずしておきます。
dictation05.png


2. 本の PDF 化 (FedEx Kinko'sで裁断する!)

さて MacBook Air を手に入れてからというもの、体が弱体化してきました。どうやら林信行さんもそのようなのですが、MacBook Air 以上に重いものをリュックにいれて持っていられないというわけなんです。ふだん持ち歩くのは、MacBook Air と iPhone だけで十分です。

そこで、このテキストをKinko'sでバッサリ裁断してもらってきました。
dictation06.png

裁断はなんと100円でやってもらえるのです。「裁断機を買いたいけど高いから買えない」とか「子どもがいるから家には裁断機を置けない」というひとは、Kinko's にお願いすれば、たったの100円でやってくれます。10冊裁断を頼んでも1000円。このサービスは使わない手はありませんね!
dictation07.png

バッサリ裁断されたボクの「日本人は英語のここが聞き取れない」。清々しい気分です。
dictation08.jpg
コツは、糊をすべてはがすことです。本はある程度はばをとられて綴じられています。ちょっと多めに裁断しても問題ないです。それよりも糊を完全に除去するよう、Kinko's のスタッフに依頼しましょう。糊があるとスキャナーにこびりつき、不鮮明な画像となる原因になります。「ちょっと多めに裁断」でok。

3. 本の PDF 化 (ScanSnap の活用)

はい、予想通りScanSnap です。^^; 今回使用したモデルは、S500というものです。Mac 用のドライバはここにあがっています
dictation09.jpg

あっという間に PDF 化されました。140ページのものが所用10分弱で PDFへ。できあがったファイルに問題ないことを確認して、本は思い切ってポイッと捨てます。デジタル化したら、あとは無用の長物です。
dictation10.png

とりあえずこんな設定でやっています。ほぼデフォルトです。
dictation11.png

この設定はもしかしたら要研究の領域かもしれません。しかし今回は鑑賞物をつくるわけではなく、あくまで学習のための補助材料にすぎない。ここでは綺麗さよりも簡便さを優先させても問題ないといえましょう。

出来上がったPDF。最高です。プレビュー.appをつかって、ページの向きの補正もまとめてやれます。ちょー簡単です。
dictation12.png

プレビュー.appは本当にすごいと思います。いろんな閲覧モードがあります。Mac OS のいいところって、ユーザの工夫したい気持ちに応えてくれるところだとボクは思うんですよ。プレビュー.app も同様で、いっけん何気ないソフトだけど、使い込むと奥が深いのです。
dictation13.png

これで完了。あとは MacBook Air だけで学習が簡潔です。13インチでも、Pages と プレビュー.appを同時に立ち上げて学習することが可能。

下はボクのデスクトップ画面の一部。
dictation14.gif
Color を出して、赤字で着色します。

***

上記で見たように MacBook Air に英語教材がまとめて入りました。 MacBook Air があれば何もいらない。まさに書斎、勉強机がMacBook Airのなかにはいりこんだのと同様です。カフェでも電車でも勉強できる。必要なのは、本人のやる気の問題だけ ^^; 5月の受験に向けて、勉強をがんばりたいと思います。^^;






Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)