flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

新しいOne to Oneについてアップルストア銀座の店員さんに聞いてきた

CategoryOneToOne
  •  closed
  •  closed
Apple Store で提供されているOne to One が、日本では本日から新しくなりました。そこでApple Store銀座に赴いて、店員さんを捕まえてお話を伺ってきました。店員さんは「セットアップも トレーニングも プロジェクトも」と書かれた、真新しいTシャツを着ていました。

今回の最大の変更点は、プロジェクトのサポートだそうです。ウェブページから引用しますと、パーソナルプロジェクトは、

「通常予定されている3時間のセッションの時間内で、お客様が思い描くあらゆることにいつでも取り組んでいただけます。トレーナーは、お客様ご自身の課題を前進させるお手伝いをいたします。」



とのことです。ボクはいま家族の写真集を iPhoto 09 で作ろうと計画しています。例のフォトブック製本サービスです。使えそうな写真をすべて MacBook Air にいれて、アップルストアの店舗にこもって3時間で写真集を作り、トレーナーにチェックを入れていただきながら、一緒に仕上げる、なんてことができそうです。なかなかよさそうです。ボクなんか自宅では赤ん坊が動き回っていますから、じっくりと制作に取り組みたいと思ったときは、書斎代わりにアップルストアに腰を落ち着けられますね。

もう一つの変更点は、One to One の購入方法であると店員さんから伺いました。オンラインまたは直営店のアップルストアで Mac を購入したときのみが、One to One を購入できます。(ちなみに現在のメンバーは1回のみ更新できます。)これは大きな方針変更ですね。アップルストアでの購入に重きを置いていることが伺えます。

最後に店員さんから、予約方法の画面も変更になったことを伺いました。パーソナルページのことですね。すこし記述がかわったのを確認しました。

***

さて、この One to One はボクもメンバーになっています。入会日は2008年08月15日のことでした。規約上はこの8月14日に期限が切れることになっているのですが、昨年の12月アップルからとつぜん「メンバーのあなたへプレゼント。メンバーシップの1ヵ月延長。」と題したメールが届きました。

「ホリデー期間中は、セッションのご予約が集中します。たくさんのお客様で店内も混雑し、ご予約が難しくなることも。そこで、メンバーのあなたに、One to Oneメンバーシップご利用の感謝をこめて、30日間のメンバーシップ延長をプレゼントします。」


だって。なので、9月14日までボクはメンバーなのです。太っ腹なのかなんなのかよくわからない理由です。^^;

アップルは One to One に対してはポジティブであると思います。昨年は、メンバー個人用のOne to Oneメンバーページの改善を行うということがありました。いまひとつこなれませんが、それなりにカスタマイズできるページだと思います。

また、以前はログイン時に以前は One to One のメンバー番号を要求されていたのですが、今では Apple ID でログインできるようになりました。そのような改善もありました。

One to One のプログラムに参加して10ヶ月経ちました。ボクの評価は★★★★★。9ヶ月前の評価とかわりありません。これは本当によいサービスだと思います。根拠を3つあげます。

 1. ワンオンワンのレッスンが最大52回受けられて、9800円は破格。
 2. 銀座ではスタジオシリーズの密度の濃いレッスンが受けられる。
 3. トレーナーの方々が驚くほど丁寧な程度。つねにトレーニーの立場の目線で親身。

まず 1. ワンオンワンのレッスンが最大52回受けられて、9800円は破格。についてですが、たとえ週に1回通うことがかなわなくて、月に1回であったとしても1回50分のレッスン料は単価1000円以下となります。常識的に考えて、なにかを教わって1時間1000円以下だなんて安すぎますよ。ボクはこれまで10数回ぐらい受講したと思いますが、もう十分元はとったと思います。

つぎに2. 銀座ではスタジオシリーズの密度の濃いレッスンが受けられる。については、Mac OS X や、iLife のみならずプロアプリケーションである Logic や Final Cut、さらにはアドビの Photoshop まで習うことができる。どれも人気ですぐに定員が埋まってしまいます。

スタジオシリーズは本当にすばらしいと思います。最近は、ボクは iPhoto 09 のスタジオレッスンをうけてきたのですが、やっぱり人に教わるとすぐ学べるんですよね。アップルのソフトウェア、とりわけ iLife はわかりやすく作られていて、マニュアル要らずだけれど、やっぱり人に教わると、思わぬ視点に気づき、効率的な操作方法を学べます。そういうスキルアップがやっぱり大事だと思いました。

さいごに3. トレーナーの方々が驚くほど丁寧な程度。つねにトレーニーの立場の目線で親身。については、トレーナーはとても優しいです。アップルストアにいって正直接客で不満に思ったことは、ほとんどないです。(一度だけ不満に思ったことがあった。) なぜでしょうか? トレーナー含め、アップルストアで働いていらっしゃる方々がみなさん Mac をはじめとするアップル製品が好きだから、かな。わかりませんが、アップルストアはいつもいい雰囲気だと思います。

ボクは今日、初めて「パーソナルショッピング」を利用して、お店でMacとiPhoneのアクセサリについて相談をしたのですが、女性の店員さんに熱心にいろいろと教えてもらいました。その店員さんの笑顔がすてきだったので、いっそ MacBook Pro を買っちゃおうかとおもってクレジットカードに手をかけそうになりましたが、ふと冷静さを取り戻して、お店を後にしたのですけれど。まぁ、それぐらい丁寧に接客してくれます。顧客接点の場として大事なことだと思いますね。

***

今回の One to One の規約改定で、まずは Mac をアップルストアで買うところ時点から One to Oneが始まることになりました。本エントリでは触れていませんが、 One to One にはセットアップのサービスがあって、新規購入した Mac とこれまで使ってきた Mac または Windows を一日預ければ様々なファイルをセットアップしてくれるというサービスがあります。面倒なことはアップルストアの店員さんにお願いするということですね。そういうサービスも使いたい人は使うことができる。アップルらしいと思います。

ボクなんか割と自分であれこれ調べたり、自分でいじったりするほうでしたので、ストアのサービスはあまり興味ありませんでしたが、そういう時間を避けない人、あるいはめんどくさい人は One to One のMacの選定から始まるサービスはいいかもなぁと感じました。

(過去のエントリはこちら)
アップルストアで「OneToOne」ゲット
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-327.html

OneToOne でスキルを伸ばそう
http://macbook.blog83.fc2.com/blog-entry-340.html


Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)