flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

ウォークマンSシリーズの語学学習機能を使ってみた。

Categoryウォークマン
  •  closed
  •  closed
ウォークマンSシリーズ「NW-S644」を購入しましたが、主たる目的は語学学習です。

一般に、語学学習用の教材を再生する機械に求められる機能は次の二つといってよいと思います。

 1) A-Bリピート再生
 2) 速度コントロール

ほかにもあるかもしれませんが、自分の経験上少なくともこの二つは必須といえると思います。さらに一時停止がしやすい必要があります。ウォークマンSシリーズ「NW-S644」は上記の条件を満たしています。

そこで最近購入した英語教材をこのウォークマンに入れてやろうと考えました。

Ann Cook著「American Accent Training」。なかなか評判のよい教材のようです。
walkmanaat0.jpg

CD5枚と本が1冊。あとおまけがついてきます。
walkmanaat1.jpg

いまは iPhone にオーディオブックとして登録しています。オーディオブックにしておけば止めたところから再開できます。
walkmanaat2.jpg

骨のある教材ですぐには進みません。
walkmanaat3.jpg

ウォークマンの「語学学習モード」をオンにしてやります。すると次のような選択ができるようになります。クイックリプレイはすごく簡単に操作できます。ナイス。
walkmanaat4.jpg
「語学学習モード」をオンにすると、歌詞表示機能はオフになります。

あれ、なんでジャケット写真がうつってないんだろう ^^; この件はべつとして、iTunesやiPod、iPhoneでうまく表示・再生できるのに、ウォークマンではうまくいかないケースがすこしありました。(iTunesでエンコードしなおすことで一部は解決しました。)
walkmanaat5.jpg

こちらはA-Bリピートの画面。無限回リピートしてくれます。聞き取るのもよし。シャドウイングするもよし。レシテイションもよし。
walkmanaat6.jpg

オプションボタンからスピードコントロールを行うことができます。
walkmanaat7.jpg

プリセットされた9段階から速度を選択できます。
walkmanaat8.jpg

ボク自身の経験では1.25倍あたりがいいと思います。1.5倍だとちょっと早すぎる気もしますね。
walkmanaat9.jpg
1.4倍もあったらいいのになぁ。

現時点では、ジャケット写真が写らない音声ファイルが一部にあることをのぞいては、大きな問題はとくにありません。

ウォークマンSシリーズは、約42時間の再生ができるそうなので、Aシリーズよりも(すこし)アドバンテージがあります。これを使って英語力をアップしたいと考えています。

***

さて、下はソニーの語学教材マシンです。「TCM-R3」というカセットプレイヤにIC機能がついたもの。それのサービスマニュアルです。
tcmr3.jpg
リモコンが非常に便利でした。アナログながら、ササっと操作できました。気に入ったので2台もっていました。このリモコン機能が、新しいウォークマンでは本体についたと考えられます。(いっぽう、iPhoneやiPod shuffleでは耳元のリモコンにがつきました)

下は現行のTCM-900です。TCM-R3を大幅にブラッシュアップしたかんじ。見た目はメカニカルでおもしろいのですが、さすがにカセット自体に古さは否めません。
TCM-900.jpg

これは大昔のカード型ICリピータ。懐かしい。
cp-55_1.jpg
カードホルダを床にひっくり返すと、順番がむちゃくちゃになって大変でした。

最後はおまけ。ニンテンドーDSiにも ABリピート機能があるそうです。
dsi_abrepeat.png










Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)