flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

ある iPad ユーザの妻の日記 (前編)

CategoryiPad初代
  •  closed
  •  closed
これは、ある iPad ユーザの妻の日記です。(この話はフィクションです)

iPad02.jpg

X月X日 火曜日 晴れ

午前6時起床。朝食の準備を夫と子どものためにする。パンを焼き、コーヒーを入れる。サラダを作る。いつもの日課だ。

夫がベッドから起きてくるなり、「Come see our latest creation! Come see our latest creation!」と、iPhone を見ながら口にした。「ああ、またアップルか」と私はぴんと来た。

台所にいる私に向かって夫が言った。

「アップルが1月27日にメディアイベントを開催するらしい!」

私は目を合わさずに言った。

「そう。それはよかったわね。」

「うん、そうなんだ。きっとタブレットに違いない。」

夫は食卓のコーヒーカップにコーヒーを注ぎ、すすった。

「あなた。ご飯の時は iPhone はよして、とお願いしたでしょう?」

私は夫の機嫌がいいのを知って、苦言を呈してみた。

「いやぁ、今日は勘弁してくれ。まずは "Mac Rumors"をチェックしなくてはいけないのだから。」

あきれた私は子どもを起こし、朝ご飯をやった。気がついたら夫は会社に行ってしまった。


X月X日 土曜日 晴れ

午前7時起床。週末の朝は遅い。しかし、子どもに起こされ、ご飯の準備をする。泣き出した子どもにロールパンを囓らせる。

土曜日の午前、夫はいつも遅おきだ。私は自分の iPhone 3GS でメールをチェックする。動作がきびきびしてとても気持ちがいい携帯電話だ。ハンズフリーで会話できるから、便利で気に入っている。


X月X日 木曜日 晴れ

午前6時起床。朝食の準備をしようとすると、夫がすでに起きて、食卓でコーヒーを飲んでいた。そういえば、朝3時頃ゴトゴトと音がしていたっけ。

「おはよう。あなた、今朝は早いわね」

「おはよう。うん。今日は日本時間の朝3時からスペシャルイベントがあったものだからね。「ワンボタンの声」の実況中継を聞いていたんだ。いまも "Apple Insider" をチェックしていたんだよ。」

「そう。それで、何か出たの?」

「うん。『iPad』という新商品が発表されたんだ。これは凄いよ。まるで魔法だ。」

夫はいつもより上機嫌に見える。普段は「あと5分、あと5分」となかなか起きてこないのに、アップルのイベントの日だけは誰からも頼まれないのに早起きする。やれやれ。

午後、子どもの予防接種に病院へ行く。


X月X日 日曜日 晴れ

午前7時起床。私のMacBookで、iPhotoを立ち上げる。この前行ったディズニーランドで撮った写真で、気に入ったものに ★★★★★ を付ける。iPhoto はとてもよいソフトウェアだと思う。またフォトブックを作ろう。


X月X日 金曜日 晴れ

午前6時起床。午前中洗濯機を回していると、クロネコヤマトが荷物を届けに来た。夫が昨日から言っていた『iPad』なのだろう。しばらくして夫から電話があった。

「もしかして、荷物が届いている?」

夫の声は心なしかうわずった調子だった。

「ウェブでクロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」というのがあるんだよ。完了したらメールで知らせてくれることになっていて、さっきiPhoneに連絡が来たんだ。」

私は言った。

「来たわよ。でも『iPad』のことばかり考えるのはいかがなものかしらね。ちゃんと仕事に精を出してくれなきゃ、いやよ。」

「わかった。通常の倍のスピードで仕事をこなし、定時であがるよ。」

夫が午後7時に帰宅。「ご飯は?」と声をかける間もなく、夫はiPadの段ボールの写真を撮りだした。

「ブロガーは、開ける前に撮る。基本だろ。わはは、心配めさるな。ユーストリームまでは手を出していないから。俺はだだもらーじゃないよ。」

私は首をすくめ「付き合いきれない」というポーズをとった。私は子どもとお風呂に入って、床についた。

iPad03.png


X月X日 土曜日 晴れ

午前7時起床。朝ご飯の準備をしていると、珍しく夫が早起きしてきた。

「君に見せたいものがあるんだ。」

といって、夫は自慢げに iPad を見せてくれた。初めて目にするこの iPad は、iPod touch を大きくしたような感じがした。私は

「あら、後ろ側が綺麗ね。まるで新しい iMac みたいだわ。そうでしょう?」

というと、夫は「ほう、わかってるじゃないか」という顔つきをしていった。

「そうなんだよ。iPadはユニボディでかっこいいんだ。これは Wi-Fiモデルなんだ。うちの TimeCapsule に繋がっているんだよ。どう? 触ってみる?」

私は iPad を両手でもつと、ひんやりとしたアルミニウムの感触が手のひらに伝わってきた。[slide to unlock] のボタンをスライドさせると、まさに大きな iPhone だった。

「私の iPhone 3GS と同じように、きびきび動くのね。」

と私が言うと、夫はまるで自分が褒められたかのような顔をして言った。

「そうなんだよ。1GHzのプロセッサだからね。これは、新しい時代のパソコンなんだよ。どれ、スライドショーを試してみようじゃないか。」

夫は私から iPad を取り上げ、写真のデモを見せてくれた。アニメーションが綺麗に動く。夫の慣れた手つきをみて、私は「ははぁ。昨日夜遅くまで iPad で遊んでいたな」と思った。

昼ご飯はチャーハンと餃子。夜はピザ。


X月X日 金曜日 晴れ

午前7時起床。夫が留守の時、iPadを弄らせてもらう。iTunes Storeは、iPhoneのそれとはだいぶ違う。

前から欲しかった音楽を購入してみた。ジャクリーヌ・デュ・プレ。私の好きなアーティストだ。よい音楽で室内が満たされる。AirTunes を試してみたら、うまく繋がった。画面が大きくていいわね、と私はつぶやいた。

iPad の Google Earth を立ち上げてみた。面白かった。


X月X日 水曜日 晴れ

午前7時起床。夫は「『iPad』を楽しむ会に行ってくるから、晩ご飯はいらないよ。六本木の『豚組しゃぶ庵』であるんだ」といって会社へ行った。

息子と私は午前中、少し遠いところの公園へ行って、ママ友と落ち合った。iPhoneで子どもたちの写真を撮った。夜ご飯はカレーライスとコーンスープ。


X月X日 金曜日 晴れ

午前6時起床。夫の留守に、iPad を触る。この 9.7 インチの大きさがとてもいい。去年、私は MacBook を買ってもらったのだけれど、この iPad はMacよりもすっきりしていて、わかりやすい。目的のものが一つのアイコンで集約されているのだから。

「クックパッド」のアプリも iPhone よりも、 iPad のほうが大きくて見やすい。MacBookよりも手軽に持ち運びできる iPad は私に合ってる気がする。

夜に外れそうなシャツのボタンを付け直す。裁縫をしながら「私だけのiPadが欲しいな」と心の中でつぶやいてみた。


X月X日 日曜日 晴れ

午前7時起床。朝ご飯のとき、私は夫に「iPad」をねだってみた。

「私もiPadが欲しい。だって、私のしたいことは iPad で十分だもの。Macの Safari は指でスクロールできないけど、iPhone や iPadはできる。しかもアプリが起動するのがとても速いわ。MacBookで私がしていることは、iPadでも十分できる。一番安い iPadが欲しいわ。」

私は一気呵成にまくし立てた。夫は「ほう」という顔つきをした。

「わかってるじゃないか。iPad のようなコンピュータこそ、一般人のためのものなんだ。よし。ひとつ君のために買ってやろうじゃないか。」

「うれしいわ。今すぐアップルストアに行ってきて。家計が大変だから一番安いモデルでいいのよ。」

「わかった。すぐに買って来るよ。君は昼ご飯の準備をしてくれ給え。」

夫はiPod shuffle に「あいぽんだいすち」を同期した。そして電車に乗ってアップルストア渋谷にいってしまった。私はお昼ご飯のためにラザニアを準備した。夫の好物なんだ。時間ができたので、リビングに置いてあるMacFan5月号「iPad大特集」に目を通した。

12時前、夫が「iPad」をもって戻ってきた。ついでにお願いしておいたドック付きキーボードもだ。

夫がラザニアを食べているあいだ、わたしは「iPad」を私の MacBook に同期する。iPhone 3GSと同じだと思った。

iPadの写真から、ディズニーランドのイベントを同期した。うち1枚をママ友たちにメールで送ってみた。彼女たちの携帯でみれるだろうか。ドック付きのキーボードの感じがとてもいいわね。


(後編に続きます。)

【関連URL】
ある iPad ユーザの日記 (おかゆ MacBook Air)
Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)