flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

MacBook Proをカスタマイズ(CTO)しよう。好みのMacを作り上げる楽しさ!

Categoryアップルストア
  •  closed
  •  closed
4月13日、アップルが新しいMacBook Proをリリースしました!
ひゃっほう!MacBook Proのリリースは実に9ヶ月ぶりのことです。

applestore201004b.jpg

端的に言うと、今回のリリースでの変更点は、MacBook Pro(13インチ)はNVIDIA GeForce 320Mと10時間駆動のバッテリを積むようになったこと。

applestore201004c.png

またMacBook Pro(15インチと17インチ)は、Intel Core i5またはi7を積み、NVIDIA GeForce GT 330Mを積むようになりました。その他、細かいところはありますが、総じていえばマイナーアップデートといえましょう。また価格も下がっているモデルもあります。

この素晴らしいアップデートをチェックしに昨日、アップルストア銀座に足を運びました! 

お店は、MacBook Proに関心のあるお客さんでいっぱい! 店員さんもふだんより多めな気がしました。

applestore201004a.jpg

1. アップルストア銀座で偶然隣にいた若いお兄さんの場合(17インチ)

ボクは店内で発売されたばかりの MacBook Pro 17インチ(Core i7) をチェックしていました。アンチグレアのモデルがきれいで、しげしげと見つめてみました。そうしていると、同じようにボクと17インチをチェックしていた隣の若いお兄さんが、いままさに店員さんと商談を始め、購入しようとしているところに出くわすではないですか! 新型モデルが出た当日にアップルストアで買う! すごい。やっぱり新型が出たら一刻も早く試したくなるのは人情ですよね。

さて、いったいどういうカスタマイズ構成でこのお兄さんはMacBook Pro 17インチを買うのだろう? アップルストアの店員さんがお客さんといっしょにウェブで構成を決めていました。こんなかんじでした。

Custom1.png

ノーマルの17インチモデルに、USキーボードとApple Careをつけていました。なるほど、このスペックなら3年間はまるまる戦えるでしょうし、保証もついて安心です!いい買い物をされましたね~。


2. ワンボタンの声 魚井宏高先生の場合(17インチ)

ポッドキャスト番組「ワンボタンの声」のコメンテーター魚井宏高先生が、MacBook Pro の17インチを出るたびに購入されてきたのはリスナーのかたならご存じのはず。長期間にわたり17インチを使用されてきた魚井先生の着目するポイントはどこでしょうか? 魚井先生のついったーからコメントを拾ってみます。

■魚井先生のつぶやき

「17inch Core i7 8GB でしょう」
http://twitter.com/Sakanabone/status/12101803969

「当然でしょう.マルチタスクを効率よく使うためには,メインメモリを増やすか,二次記憶の速度を上げるか?のどちらかです.さすがに512GB SSDは無理... RT @kirimanj: @Sakanabone 8GBですか。」
http://twitter.com/Sakanabone/status/12102402218

なるほど・・・。CPUとメモリには投資をする価値があるというお話ですね。先生の発言は重みがあります。

魚井先生のこれらのつぶやきを考慮すると、下の赤で囲ったところは間違いなさそうです。
Custom2.png
(ほかのところは言及がないので、無視してください。)


3. ワンボタンの声 松尾さんの場合(17インチ)

同じくワンボタンの声の松尾さんは、過去4年間初代MacBook Proを使ってこられました。CPUはCoreDuoなので、もうかなり古い感じがしますが、大事に使っていらっしゃったと思います。今回4年ぶりに買い換えるということで、かなり鋭い目線で新型を見つめていらっしゃいます。構成はこちら。

Custom3.png

CPUを上位の Core i7 のものに変更しています。またHDDはより高速なものをえらび、ディスプレイはアンチグレア(非光沢)、そしてUSキーボード。松尾さんはすでにポチと押されましたので、この構成のままです。

松尾さんからは、将来SSDやメモリが安くなるころ買い換えたいという旨のがありました。たしかにSSDやメモリが高価なのは事実なんだと思います。CPUは交換できないので、上位のものを決め打ちされたのだと思います。


4. shiology 塩澤一洋先生の場合(15インチ)

MacPeopleの連載やブログ「shiology」でよく知られている成蹊大学の塩澤一洋先生も本日 MacBook Pro をオーダーされたそうです。構成はズバリこれ。

Custom4.png

はっきりいって全部のせです。すごい(笑)。512GBのSSDとは! この部品一つだけでMBP 13インチがいけちゃいます(笑)。

塩澤先生は、あえてグレア(光沢)ディスプレイを選んでいます。その理由は次の通りです。

■塩澤先生のつぶやき

「ですね。でも私はMacBookProのディスプレイで写真をスライドショーする機会が多いので光沢です。いずれにしても画面の色と印刷は異なるので気にしてません @rosetta88: @shiology 写真家の方はアンチグレアを選択する方が多いので、チョット意外でした(^_^;)」
http://twitter.com/shiology/status/12212569735

MacBook Proを利用するシチュエーションに合わせて、グレアを選択するということも合理的な判断なのだと思います。

なお塩澤先生が15インチのハイレゾリューションについてお書きになったブログエントリは下記です。

○「960-070617 高解像度モニター」(shiology, 2007.06.22 )

5. 豚組 中村仁さんの場合(15インチ)

豚組しゃぶ庵などのオーナーでいらっしゃる中村仁さんも新しい MacBook Pro を待ちわびていた方の一人。なんと We'll be back soon があけたあと、すぐに発注していらっしゃいました。(目撃者は、飯野 賢治さん 写真はこちら)

仁さんも15インチの Core i7 をチョイス。またハイレゾ・メモリ8GBです。15インチは一番上のモデルが人気のようですね!

Custom5.png
(ほかのところは言及がないので、無視してください。)

仮想4コアのCPUと8GBもの大容量メモリをカスタマイズできるところに、新しい MacBook Pro の特徴があるようです。




[追記]
6. ゲームクリエイター Yan.Aceさんの場合(15インチ)


このエントリを出した後、ボクがツイッターで親しくさせて頂いているゲームクリエイターの Yan. Ace さんから、次のような構成の提案がありました!

Custom7.png

■Yan.Aceさんのつぶやき

「私は15インチcore i5で高解像度非光沢にし、HDD500Gbですね。非光沢にするのはプレゼンに使う可能性があるからです。現状のMacBookよりは数段早いので他はあまりこだわらない感じ。」
http://twitter.com/yoh7686/status/12265547739

Yan.Aceさんは、お仕事でバリバリ Mac のノートをプレゼンテーションに活用されています。プレゼンを見越してチョイスしたいのはアンチグレア(非光沢)のタイプだとのことです。これは現場の方の意見で実に貴重です。

また高解像度タイプを選ばれるのももっともだと思います。Macをビジネスに使うとき、持ち歩きを考えると17インチは大きいと感じる人は多いでしょう。現実的には15インチを持ち歩くのが、多くの方にとっての解なのだと思います。

ちなみに Core i5 2.53 GHzをチョイスしています。たとえば、ボクは GarageBand を使ってポッドキャスト「Apple Accent」を制作していますが、これはCPU Intel Core2Duo 2.0GHzのマシンで制作しているんです。CPUだけ着目すると、2006年後期のMacBookから搭載されていたのですよね。しかし、4年たったいまでも問題なく使えています。(ポッドキャストの編集中、それなりに負荷がかかる場面ではかんしゃくをしばしば起こすことがありますが・・・笑。それでも耐えてがんばって編集しています。)Core2Duoは、その登場から時間がずいぶんたちました。しかし、その性能はまったく問題ないというのがボクの使い方での感想です。それに比べたら Core i5 2.53 GHz はどれだけ速いんだろうと夢想してしまいます。


6. おかゆ MacBook Jackの場合(17インチ)

さてボク Jack もせっかくなのでウェブでカスタマイズしてみました。カスタマイズするのは 17 インチモデル! どーんとでっかく行きます。

1. プロセッサ
 →2.53GHz Intel Core i5 (変更なし)

アップルストア銀座の店員さんに「ApertureやiLifeをやりたいです」と伝えたところ、「それならCore i5でも十分行けますよ」とのこと。しょうじきなところ、Core i5とCore i7の違いがよくわからなかったので、標準のままにしておきます。

2. メモリ
 →4GB (変更なし)

いま MacBook や Mac mini で 4GBのメモリを積んでいてとても満足できる動きをしています。これ以上アプリケーションを同時にたくさん使ったり、仮想マシンを複数使ったりする予定はないので、標準のままにしておきます。

3. ハードディスク
 →500GB Serial ATA Drive @ 5400 rpm (変更なし)

先日購入した Intel の SSD X-25M Mainstreamに換装する予定です。だからそのまま。SSD がいいかんじなんですよ~。辞書など、すっとひけます。

4. ディスプレイ
 →MacBook Pro 17-inch Hi-Resolution Antiglare Widescreen Display

アンチグレアです。これは悩みました。Aperture で写真をごりごりやりたいというと「非光沢がいいよ」というBittenさんやツイッターの声に後押ししてもらったのが最大の理由です。

じつはアップルストア銀座に行ったのは、店員さんにいろいろ相談に乗ってもらいたかったからでした。ボクがお店に行くといつもお話しするアップルストア銀座のマネージャーさんにこう尋ねました。

「新しい MacBook Pro 17インチでApertureをやりたいのですが、ディスプレイは光沢と非光沢はどちらが良いでしょうか?」

するとマネージャさんは次のような回答をしてくれました。

「光沢か非光沢かは、好みですよ。黒ぶちと銀ぶちのデザインもお客さんのお好みですね。ただわたしなら、写真は非光沢のほうがきれいに写ると思います。ふたつとも展示がありますので、ゆっくり見ていって、決めていかれては?」

同じ問いを別のスペシャリストにしてみました。すると、

「写真なら非光沢です。」

と即答されました。竹を割ったようにスパーンと「アンチグレア」ときました。そうですか。

さらに同じ問いを別のスペシャリストにしてみると、

「Macを使うところはどこですか? ご自宅ですね。なら光沢でも問題ないですね。蛍光灯がたくさんあるのなら、写り込みが気になるので非光沢をおすすめします。
光沢にもメリットはあるんです。ガラスで覆われているので強度という面が強みですね。あとはデザインもあるので、お客さんの好みですね。」


と言われました。ガラスで覆われていることのメリットには初めて気がつかれさました。ストアの方にいろいろ伺ってみると、面白い話がでてきますね。

5. キーボード
 →バックライトキーボード (US)

USかJISかは簡単で、ユーザが使い慣れた方を選ぶのがいちばんいいと思います。ボクはUSです。

以上をまとめると下記になります。

Custom6.png

一番最後にあるのは、HPのプリンタです。「同時に購入すると、10,000円のキャッシュバックが受けられます。」よね。これが Jack 流です(笑)。

というわけで、17インチとプリンタをポチりました。早く届かないかな~!

***

アップルストアでの Mac の購入の楽しみはカスタマイズの自由度にあります。上に挙げさせていただいたみなさん、それぞれご自分にとってベストと思えるような構成を決めていらっしゃいます。ボクもボクなりに手持ちの Mac との兼ね合いも考慮しながら(たとえば重たいデータは Mac mini に任せようなどと決めながら)、構成を考えてみました。

このブログ読者の皆さんは、新しい MacBook Pro はどのような構成がベストと思われますか? 一般的なセオリーとして「○○がいい!」というのはあると思います。しかし、個々のユーザにとってベストな構成は、ユーザの数だけあるのだと思います。新しい MacBook Proをカスタマイズして楽しみましょ~ ^^
Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)