flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

MacBook Pro 17インチ (mid 2010) 雑感

CategoryMacBook Pro 17インチ (Mid 2010)
  •  closed
  •  closed
どうも、Jack です。

MacBook Pro 17インチ (mid 2010) を購入して約2ヶ月が経過しました。この2ヶ月間使い込んできた感想を本音ベースで、雑感としてエントリします。

mbp1720101.jpg

MacBook Pro 17インチはさまざまな機能を備えています。本エントリでは、それらを概説的に網羅するのではなく、ボク自身にとってMacBook Pro 17インチの重要なところはなにかという視点で述べたいと思います。

1. 大きいことはいいことだ - 1920 x 1200 はデカい。

MacBook Pro 17インチの最大の魅力 - それはフルHDサイズのディスプレイサイズです。それがノートで実現されている。これがボクにとっては一番大きいです。

ふだんはキャビネットのうえにMacBook Pro 17インチを置いています。そして家族が寝静まった後、食卓にもちだしたり、あるいはソファのうえで膝の上に置いたりしてフルHDサイズを楽しめる。これがボクにとり最大の魅力です。

Mac には Spaces という機能やExposéという機能があります。これらを組み合わせると、比較的小さな画面サイズの13インチのMacBook や MacBook Air でも問題なく使うことができます。しかし特定のアプリケーション、たとえばGarageBandやLogic、あるいはPhotoshopなどは、大きな作業領域を必要とするものもあります。13インチでもつかえないことはないですが、一画面に描画できる領域が大きい方が効率が上がることがあります。このようなアプリケーションを使うことを前提としているならば、大きなディスプレイサイズを選んだ方がいいのでしょう。じじつ、GarageBandは、 1920 x 1200の大きさで使うととても効率よく作業を進めることができます。(その意味で MacBook 13インチ + 外付けディスプレイ24インチ なんていう折衷案はすごくいいと思う。)

2. MagSafe は小さな子がいる家庭では特に威力を発揮する

我が家には1歳のちびっ子がいます。好奇心いっぱいで、なんでもかんでも試そうとします。ボクの Apple in Ear with remore and mic の耳栓の部分を引っこ抜いて、机の上にそっと並べて「立った!」とさけぶやいなや、それを食べてしまって、親があわてて口からだす、なんてこともしょっちゅうです。

そしてボクが MacBook Pro をつかっているとき、電源アダプタから伸びた線でぶらさがりをするなんてこともしょっちゅう。そんなとき MagSafe があって本当に助かっています。

MacBook Pro 17インチを選んだのは、じつは消去法でした。いまでも家庭用の Mac は、iMac 27インチや21インチがいいとボクは考えています。iMacは大きなディスプレイを安価に楽しむことができます。画面が大きいと作業効率もあがります。しかしうちは iMac を選びませんでした。うちは狭いので iMac を設置する場所がないというのが理由ですが、よしんば設置する場所を確保したとしても、ちびっ子が万一、iMac の電源コードを引っ張って iMac を落下させて怪我でもしないかと思うと心配で、iMacをおくことができないのです。

他の小さなお子さんがいるご家庭では、パソコンをどうやって設置しているのかわかりませんが、ボク自身の体験としては MagSafe が備えられているMacBookシリーズは安全だと考えています。

3. Intel SSD は最高だ

ボクは MacBook Pro 17インチ をほとんど吊るしの状態で買いました。変更した点の一つがデフォルトのHDD 500GB を引っこ抜いて、Intel の SSD 80GB に交換したことです。ボク自身は、この判断にたいしてそれほど間違ってはいないと考えています。MacBook Pro 17インチで動画をガンガン扱うなら別です。動画は容量を無尽蔵に食いますから、大きい方が断然いい。しかしボクはテキストやiWork文書、写真などの比較的小さなファイルサイズを扱うという観点で MacBook Pro を選ぶと決めていました。そのため 80GB で何ら問題ありません。(ただ Aperture のファイルが増えてきたので、160GBにちかぢかアップグレードするかもしれません)

SSD は、もうすでに各方面でそのメリットについて語られているので、繰り返す必要もないでしょう。このスピード感はなにものにも代え難いです。(たとえていうなら、iPad の素早さが Mac で実現しているようなものでしょうか。)

(注:iTunesライブラリはそろそろ200GBに達しようかとしています。これは Mac mini で管理しています。80GB SSDは、Mac 2台持ちが前提の判断です。)

4. 静穏性がないMacはいやだ

ボクのMacBook Pro 17インチは intel Core i5 を搭載しています。当初、「爆音」とか「爆熱」とかいろいろ噂がありましたが、2ヶ月使ったボクの感想はそれらの噂はまったく根拠のないものだというものです。ファンがまるで回っていないかのごとくです。

「ファンが故障してんじゃないの?」いえいえ、そうではないと思います。いたって静か。

これは MacBook (Late 2008) と変わりません。ユニボディは放熱性にすぐれているのでしょうか。

ボクがCPUに負荷をかけるのは、GarageBandで処理をさせるときぐらいですが、それでもちっともうるさくなりません。しかも処理スピードは速い。特に問題らしい問題はありません。だんだん季節は夏に近づいてきましたが、まだファンは回りません。

ボクがMacに求めるものは静穏性です。静穏性があると、落ち着いてものを考えられます。これはすごく重要な点です。(この点で iPad は静穏ですから、 iPad もボクにとっては優秀な存在です。)

5. メモリ、グラフィック、ディスプレイの種類(光沢/非光沢の別)、Expressカードスロット

購入前、これらのポイントについてすごく悩みました。せっかく大きなお金を払って Mac を買うのだから、納得のいくスペックにしたい。そう考えていました。

2ヶ月経った今、あまり重要ではないと感じています。

メモリはデフォルトの4GBです。GarageBandでトラックを使いすぎるとアラートがでます。たまに再起動してメモリを解放してやりますが、たびたび出るので4GBから増設して8GBぐらいにしたほうがいいのかもしれません。でも、逆に言うとそこまでトラックを増やさなければ4GBで十分ではないでしょうか。

グラフィックはNVIDIA GeForce GT 330Mグラフィックプロセッサ、512MB GDDR3メモリですが、じつはあまりピンと来ていません。Open CL の恩恵って、それほど直接受けてないような気がします。(気づいていないだけ?)

ディスプレイは、これはもう本当に好みだと思います。プロフェッショナルは非光沢を選ぶそうなんで、非光沢にしましたが、家庭で使ってる分には光沢でも非光沢でもあまり差がないと思います。あとは黒ふちがすきか、銀ふちがすきかはユーザの好みではないでしょうか。アマチュアユーザであるボクにとってはどちらもでいいと思います。(銀ふちはかっこいいと思いますよ。)

Expressカードスロットは、まったく使っていません・・・。SDスロットにしたいですね。


最後にまとめます。ボクにとってのMacBook Pro 17インチの魅力は、画面の大きさ。安全なMagSafe。換装したSSD。そして静穏性です。


***

MacBook Pro (mid 2010) は MacBook Pro (mid 2009) と比較して、マイナーアップデートとメディアで言われています。本当にそう思います。慣性スクロールがあるとか、mini display ポートから音声がでているとか、細かいところでちょこちょこスペックはあがってはいます。しかし、たいした変更だとは思えません。Macはいま、行き着くところまで行き着いたのではないか、という気がしています。

いまアップルは iPhone や iPad に力を注いでいるようです。iPad を触ってみて、前評判通り素晴らしかったし、iPhone 4にいたっては、これまで以上に世界を変える携帯電話になるのではないかという予感がしています。

しかし、ボク自身はiPhone や iPad の素晴らしさの源泉は Mac にあると考えています。iPhone や iPad が完成度が高いならば、その元となるMacは、次にどのような進化を遂げるのか、例えば iLife や iMovie はどうなるのか。期待が高まります。

2008年7月10日、iPhone の発売前夜。表参道に行列をなしていたのは、たぶんみな Mac ユーザだったと思います。これは勝手な想像ですが、「Mac ライクな携帯電話が欲しい」という気持ちがあったのではないでしょうか。ボク自身はMac のユーザフレンドリーさをiPhoneに求めていました。そして、その期待は裏切られませんでした。iPhone 4では iMovie for iPhone というアプリがリリースされます。Macで培ったiMovieのテクノロジーが iPhone用に昇華されたケースです。

しかし、こんごiPhone で培われたテクノロジーが Mac に使われるという逆転現象があるかもしれません。たとえばIPS液晶がノートに採用されたり、あるいは Retina ディスプレイや、FaceTimeがMacで使えたり。2年前とは全く逆の発想で、「iPhoneライクなMacが欲しい!」そういう要望がユーザからでてくることがあるのではないでしょうか。そんなMacの未来像をちょっと夢想しています。




Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)