flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

Welcome back, MacBook Air!

CategoryMacBook Air (Late 2010)
  •  closed
  •  closed
ついに新しい MacBook Air が発表されました! しかも、11インチと13インチのツーモデル! 

さらに一番廉価なモデルは88,800円 (税込) から。11月から始まるホリデーシーズンに向けて、アップルが最も力を入れているコンシューマー向けアップル製品といっていいでしょう。

この新しい MacBook Air については、昨日配信したポッドキャスト「Apple Accent 」でいろいろと述べましたので、よろしければお聴きになってください。リンクはこちら

mba2nd.png

さてアップルストア (オンライン) でポチッとしました。頼んだのは、MacBook Air 11インチモデルです。

 1.4GHz Intel Core 2 Duo
 4GB 1066MHz DDR3 SDRAM
 64GBのフラッシュストレージ
 USキーボード

基本的にはなにもいじっていません。USキーは当然として、メモリについては、もしかしたらGarageBand や仮想環境を使うかもしれないと思い、4GBにしました。(GarageBandは4GBメモリを食いつくす程度にトラックを使用して、ポッドキャストを制作しています。)

それから、来月の iOS 4.2 でサポートされることになっている Air Print の機能を見越して、「HP Photosmart Wireless B110a」を同時に頼みました。これは「ePrint」対応プリンタです。HPのプリンタキャッシュバックキャンペーンは本当にありがたい!

ボクはうちでは MacBook Pro 17インチを、HDDをIntelのSSDに換装して使っています。画面が広くて、静かで、エンコードも速い。とても気にいっています。いわばこれがメインマシン。しかし重量が2.99kgで機動力に欠けるきらいがある。そこで、小さな MacBook Air を合わせたいと思います。

新しいMacBook Air は全モデルでSSDを搭載しています。これがいい。SSDのメリットはランダムアクセスのスピード。OSやアプリの起動も速いですが、たとえばことえりの変換で、もたつくことがありません。また辞書.app の検索速度もHDDと比べてとても速いです。いちどSSDに慣れてしまうと、もうHDDへ戻れません。それが88,800円のマシンから体験できるのは実にすばらしいと思います。

Mac にはさまざまなエディタが存在します。たとえばいま一番熱いのは「Scrivner」。これはもうじきアップデートの2が出ます。それからこのブログでも取り上げた、9月に出たばかりの「OmmWriter Dana」。(無料の独特のソフトウェアですから、このブログの読者の方はぜひダウンロードなさってくださいね!)さらにこのブログ定番の「WriteRoom」。そしていわずと知れたOffice for Mac 2011の「Word for Mac」。もちろん iWork 09 に搭載されている「Pages 09」でもいい。日本の物書堂のエディタの完成や、あるいは「LightWayText」も視野に入れつつ、あたらしい MacBook Air の11インチのスクリーンで、フルキーボードをつかってこれらのエディタでたくさん文章を書いてみたい。そんな気がしています。

ノート型コンピュータを持ってカフェでいじる、というようなイメージが、漠然と心にあります。たとえばこれ。

lifestyle2006.png
アップル - MacBookをパートナーに自由なインターネットライフ

女性が、アイスティーでしょうか、冷たい飲み物を飲みながら、なにやら楽しそうにMacBook で iPhoto を起動して遊んでいます。

しかしノート型コンピュータを持ってカフェにいく、なんてことをするのは最初だけではないか、とボクは考えます。なぜならコンピュータが2kgを超えると、よほど固い決意がない限り、しだいに持っていく気が失せるからです。もう iPhoneでいいじゃん、というわけです。

ところがMacBook Airは別。普段から持ち運びできる重量です。格好の具体的な例は、ブログ「The Art of Marr's Blog」です。著者の Marr さんは国内外、日本各地に MacBook Airを軽々と携え、お仕事に、またプライベートに活用しています。

さらに新しいMacBook Air 11インチは1.06kgです。iPadに毛が生えた程度ですから、これまで以上に気軽に持ち運びできます。ぜひ Wi-Fiスポットのあるカフェに MacBook Air を持っていきたいものですね~。(日本でも無料WI-FIスポットが増えてほしいですね!)

ボクの新型MacBook Airが到着するのは来週の金曜日ぐらいになりそうなので、またこのブログで取り上げたいと思います。



Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)