flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

新しいMacBook Air: 「だって軽いんだもん(笑)」

CategoryMacBook (Late 2008)
  •  closed
  •  closed
どうも、Jack です。

新しいMacBook Airに対する消費者の反応はかなり大きいようです。先週のイベント「Back to the Mac.」でのMacBook Air発表直後、アップルストア銀座や同渋谷ですぐに購入した方々からは絶賛の声がブログやツイッターで聞かれました。アップルストアのオンラインでカスタマイズ(CTO)などして発注した方は先の水曜日あたりから到着報告が続々と寄せられ、同じように肯定的な意見がユーザによって述べられています。

macbookkarui.png


ボク自身も、ヨドバシカメラ新宿西口とソフマップ、アップルストア銀座に足を運んでみたところ、多くのお客さんの MacBook Air を前に品定めしているのを目撃しました。(しかもWindowsユーザらしいひとが手に取っていました)この新製品に対する関心はきわめて高いように思います。ボクがこのブログを始めて、アップルをウオッチするようになって4年ぐらいになりますが、この間でもっとも注目を集めているMacがこの新しいMacBook Airであると感じています。

新しいMacBook Airが欲しい理由、欲しくない理由。買った理由、買わなかった理由。Macユーザのかたはいろいろな意見をお持ちでしょう。たとえばフラッシュストレージ。たとえば11.6インチ。たとえばステレオスピーカー。MacBook Airが持つ様々な機能、そして魅力を挙げていけばキリがありません。

ボクが新しいMacBook Airを購入した理由は「だって軽いんだもん(笑)」。これだけです。煎じ詰めて申し上げるならば、MacBook Airを購入する理由は「だって軽いんだもん(笑)」としかボクは思い浮かびません。

思い返せば2008年の1月のことです。アップルが MacWorld サンフランシスコの場で MacBook Air を発表し、日本でも多くのユーザがその虜になりました。MacBook Air の美しいデザインにたいして賞賛を惜しまない熱心なMacファンが多くいました。薄くて軽い MacBook Airは、その1.36 kgという軽さゆえ、外に持っていくのにうってつけであり、また家モバであったとしても満足できるものです。

しかし先代のMacBook Airは高価であったといわざるを得ません。ハードディスクモデルで229,800円、SSDモデルは388,400円と一般的な目線からは高価であったように思います。SSDモデルは同年7月に325,400円に値下げしましたが、一般層にはまだまだ高嶺の花であったというのがボクの印象です。それでも初期MacBook Airユーザはそのマイナスの美学、引き算のデザインに先進性を感じ取っていたのだと思います。「軽いこと」にはお金を払う値打ちがあるというわけです。

それから2年9ヶ月後、リニューアルしたMacBook Airは、なんと11.6インチで1.06kg。お値段は88,800円から。ムーアの法則を当てはめたり、昨今の急激な円高を考えたとしても、この値段は破格といってもいいでしょう。それがうれしい。そして多くの消費者が「前のモデルはけっこういい値段していたが、今度のは値ごろ感があっていいね」と感じ取っているのではないかと、ボクは考えています。

金曜日の夜からずっと新しいMacBook Airを触っていますが、この軽さには心底驚きです。ふだんはダイニングテーブルで使っていますが、寒くてストーブのある部屋のソファへ移動して、MacBook Airを膝のうえに乗せて使ったりもしました。Mac OS を搭載したマシンを軽々と移動できます。また、今日MacBook Airをトートバッグにいれて外へ持ち出してみましたが、この軽さはまったく問題ありません。「だって軽いんだもん(笑)」というメリットを発揮しています。

もし新しいMacBook Airの利点をあと2つだけ挙げるとしたら、「静穏性」と「フラッシュストレージの速さ」に言及すべきでしょう。後者についてはすでに様々なウェブやブログで語られていますから割愛し、前者の「静穏性」について取り上げます。このマシンは実に静かです。もしこのブログをお読みいただいて、HDDを搭載したMacBook シリーズをお使いの方は、新しいMacBook Airをたとえばご自宅の静かな部屋で深夜に触ってみれば、その静穏性に驚くことと思います。フラッシュストレージはほぼ無音といっていいです。

ボクはこの「静穏性」はユーザにとって非常に重要だと考えています。MacであろうがWindowsであろうが、静かなパソコンが好きです。うるさいパソコンは集中力を削がれます。この意味で、同様にiPadは超優秀です。

たとえばボクのお気に入りのワープロソフト「OmmWriter」でなにか書き物をするならば、MacBook Air の静かさがとてもいいんですね。もちろん、いまの MacBook Pro でもCTOすればSSDを搭載できます。SSD搭載のMBPも実に静かです。けれど、MacBook Air は全モデルがフラッシュストレージを搭載しているので、すべてのユーザが恩恵を享受できます。これが重要です。

また、新しいMacBook Air にはFlash Playerがプリインストールされていません。これもポイントが高い。新しいMacBook Air にはFlash Playerをぜったいインストールしません。

ボクはかつて先代のMacBook Airを使っていたとき、Flashを使ったホームページをみるたびに Air がブンブン唸るのに閉口させられていました。ほんとうにどうにかしてくれといいたかったのです。サファリからフラッシュを削除するようなソフトウェアをいれて対処している人もいましたし、CoolBookをいれている人もいました。

Flashに関して「アップル vs アドビ」の対立について何か述べられるほどたいそうな知識がある訳ではないので何も申しませんが、旧型MacBook AirでFlashを再生させて、ファンが回るのだけは人生の中で最も味わいたくない出来事のひとつであるとボクは認識しています。

新しいMacBook Air はFlash Playerが搭載されないことに加えて、熱処理も向上しているような気がします。ただこの点はもうすこしじっくり使い込んでみて判断したいです。

***

新型MacBook Airは、ことによるとMacラインナップのなかでもっとも出荷台数を誇るモデルになるのではないでしょうか。安価で、軽く、静か。そして速い。iPhoneやiPadの開発で培われたテクノロジーをMacに投入したという素性のよさをこのマシンに強く感じます。

気軽に外に持ち出せるiPhoneやiPadのように、MacBook Airもまた外で使いこなしてみたいです。「だって軽いんだもん(笑)」


Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)