flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

MacBook Airにソフトウェアをインストールする方法

CategoryMacBook Air (Late 2010)
  •  closed
  •  closed
薄くて軽量な MacBook Air は割り切りのデザインでできています。「Air」だから光学ドライブがついていません。もしこのマシンでCDで音楽を聴いたり、DVDの映画を観たいという場合は光学ドライブが必要です。そんなときは「MacBook Air SuperDrive」があると便利。このドライブをMacBook Air のUSBポートにつなげば、CDやDVDを再生できます。また「Adobe Photoshop Elements 9」などのDVDに収められたソフトウェアをインストールするときは、このSuperDriveがあれば楽にインストール作業を進められます。

macbookairsuperdrive.png

しかし「MacBook Air SuperDrive」がなくても、工夫することによって、インストール作業ができることもあります。本エントリでは「MacBook Air SuperDrive」を使わないでMacBook Airにソフトウェアをインストールするいくつかの方法について考察したいと思います。

1. Mac OS X の DVD または CD 共有機能を使う

もし今回購入した MacBook Air が2台目の Mac だとしたら、きっと1台目の Mac には光学ドライブがついていることでしょう。あるいはすでにDVD/CDドライブ搭載のWindowsマシンをお持ちかもしれません。これらのマシンの光学ドライブを共有することができます。Mac OS X にはさまざまな共有機能があり、実によくできているのですが、同じネットワークにある Mac や Windows PC の光学ドライブを借りて、リモートで使用することができます。

sharedvd.png

たとえば我が家では TimeCapsule の 802.11n のワイアレスネットワークに MacBook Pro と MacBook Airがぶら下がっています。「iWork '09」を MacBook Air にインストールしたいと思ったとき、MacBook Pro 側の システム環境設定 > 共有 > DVD または CD 共有 にチェックをいれると、MacBook Air から MacBook Pro のSuperDrive へアクセスできます。これが拍子抜けするほどに簡単なんです。この辺がアップルの真骨頂ですねぇ~。

実際に「iWork '09」を MacBook Air にインストールを行ってみたところ、ざっと5分程度で完了しました。802.11n でつないでるからでしょうか。またフラッシュストレージの恩恵でしょうか。あっという間でした。これは iWork のDVDのファイルサイズが583MBだからでしょう。数十ギガバイト単位のソフトウェア(例えば、Logic StudioやFinal Cut Studio)をインストールするならば、DVD共有機能を使うとすると有線LANにつないだほうが作業が早く終了するでしょうね。


2. ディスクユーティリティでイメージ化する

1. の方法以外に、インストールするDVDをイメージ化する方法があります。光学ドライブ搭載の Mac で、ディスクユーティリティを起動し、「ファイル」>「新規」>「<ディスク名>からのディスクイメージ」と選択します。すると簡単に.dmgファイルが生成されます。

iworkimage.png

あとは MacBook Air からそのイメージにアクセスして、ダブルクリックすればマウントされ、インストールできます。実に簡単です。これは光学メディアのバックアップとしても有効な方法です。


3. いっそのことソフトウェアをイメージで購入する

もし iWork '09 を買うなら、DVDパッケージ版ではなく、シリアル番号のみをオンラインで購入するという方法があります。まず、トライアル版(.dmgファイル)をダウンロードします。
http://www.apple.com/jp/iwork/download-trial/

そのあと、下記でシリアルを購入します。
http://iworktrialbuy.apple.com

また Aperture 3 にも同じことがいえます。こちらのdmgファイルは717MB程度です。パッケージ版は要りません。パッケージ版のメリットは紙のマニュアルとリンゴのステッカーがついてくることぐらいですが、マニュアルなんてPDFのほうが検索ができてずっと有用です。


先月後半、マイクロソフトが Microsoft Office for Mac 2011 がリリースしました。これが実に評判がいい。Office for Mac 2008 に比べて起動が速くなったそうです。2008は評判がさんざんでしたから、ボクもぜひ最新バージョンをゲットしようと考えています。Microsoft Officeは MacBook Air にはぴったりだと思いますね!

officeformac2011.png

これも「マイクロソフト ストア」で「ダウンロード版」をオンライン購入できます。

(ちなみにOffice for Mac 2008は、ボクはオンラインでISOイメージとライセンスキーを購入しました。)


4. Mac App Store の開店を待つ

これは番外編です。^^; 現時点では解決策にはならないのですが、10月20日から起算して90日以内に始まるという「Mac App Store」を待つという手があります。たとえば「Mac App Store」のローンチの際には「iWork '11」がその目玉として発表されるという噂があり、ボクはその信憑性はかなり高いんじゃないかと思っています。iWork '09 はいまはガマンして、Office 2011を使いながらiWork '11のリリースを待ってもいいかもです。

macappstore.jpg

Mac App Store でどのようなソフトウェアが販売されるのかはまだわからないのですが、iWork, Aperture, Logic Express, Microsoft Office, ATOK 2010 などはストアに並んでおかしくないのではないでしょうか。

先日の Apple のスペシャルイベント「Back to the Mac.」において、最も重要な発表のひとつは「Mac App Store」といっていいでしょう。これがあれば既存のパッケージソフトウェアはこのオンラインストアを意識せざるを得ず、完全になくなりはしないにせよ、次第に縮小する傾向に向かうのではないでしょうか。

iPhone/iPod touch/iPad 用のApp Storeの優れたところのひとつは、ランキングです。ほかのユーザがまさにいま最も注目している App がたちどころにわかります。ぜひこの仕組みが Mac にも欲しいです。これまでのオンラインソフトウェアはAppleのサイトや、Macな雑誌、ブログなどでしか知ることができませんでしたが、まだまだ知られていない素晴らしいソフトウェアがあるはず。それをMac App Store を通じて、試したり購入したりしてみたいと考えています。

MacBook Airがリカバリ用のUSBメモリを用意したことで明らかなように、Appleはますます光学ドライブを排し、ネットワークへ傾斜していっているように思います。

***

本エントリでは、「MacBook Air SuperDrive」を使わないでMacBook Airにソフトウェアをインストール方法として、1. Mac OS X の DVD 共有機能を使う方法、2. ディスクユーティリティでイメージ化する方法 3. ソフトウェアをイメージで購入する方法の3つについて述べました。

Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)