flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

iPhoneアプリ「Apple Store」の使い方

Categoryアップルストア
  •  closed
  •  closed
どうも、Jack です。

アップルリテイルストアは5月22日、正式な呼称かどうかは不明ですが、”Apple Store 2.0” としてリニューアルしました。各レポートによれば、リニューアルの具体的な内容は、デジタルサイネージとして iPad 2 を利用するという点です。

またこの動きに呼応するかのごとく、iPhoneアプリ「Apple Store」がバージョン1.3にアップデートされました。

appas0.png
http://itunes.apple.com/us/app/apple-store/id375380948?mt=8

このiPhoneアプリ「Apple Store」は、残念ながら日本のストアでは配布されておりません。入手にはUSのストアへログインできるアカウントが必要です。(また日本のアカウントは本アプリではアクセス拒否されます。)しかしUSのアカウントを持っているユーザは、日本においてもこのアプリを利用していくつかのサービスを受けることができます。本エントリでは、iPhoneアプリ「Apple Store」の使い方をお伝えします。

iPhoneアプリ「Apple Store」をつかってできることは下記の通りです。

- 最新のアップル製品やアクセサリ、ソフトウェアを調べたり、購入できる。
- Appleのリテイルストアで、ヘルプをお願いしたり、予約を入れたり、約束時間のお知らせを受け取ったりできる。
- ジーニアスバーや One to Oneの予約をしたり、ワークショップやイベントに申し込んだりできる。
- iPad や iPod の無料刻印サービスを得ることができる。
- 大容量のドライブや追加メモリを含む、お好みのオプションで新しい Mac をカスタムできる。
- iPhone や その他商品を予約して、Appleのリテイルストアで受け取ることができる。


しかし注意点があります。日本においては上記のサービスすべてが受けられるというわけではありません。たとえばこのアプリを使ってアップル製品を発注して日本へ発送することはできませんし、またiPhone や その他商品を予約することはできません。

ところが、日本でこのアプリを使うメリットは2つあるとボクは思っています。

 1. ジーニアスバーや One to Oneの予約
 2. アップル製品やアクセサリ、ソフトウェアの情報を得ること

とくに1.はとても便利です。ボクは過去1年ほど、ジーニアスバーの予約はこのアプリを通じてのみ行っています。Macよりもこのアプリの方が予約はだんぜんラクチンです。

iPhoneアプリ「Apple Store」の最下段「Store」をクリックするとGPS情報に基づき、現在地に最寄りのアップルストアの情報が出てきます。

appas5.jpg

ここで「ジーニアスバー」を選択します。

appas6.jpg

ジーニアスに相談したいトピックを選択します。

appas7.jpg

ジーニアスバーが直近で空いている時間を表示してくれます。

appas8.jpg

もし表示された時間では都合が悪いとき、ほかのお店の空き状況もチェックできます。ここでは別の選択肢としてアップルストア渋谷を表示させました。こちらは15分早いです。

appas9.jpg

同じように、One to One も予約することができます。

appas16.jpg

iPhone にあらかじめApple ID の情報をいれておけば、MacのようにApple IDとパスワードを入力する必要がありません。あっさり予約が完了し、たいへん便利です。

アップル製品を利用していて、この「ジーニアスバー」の存在はボクにとっては不可欠です。安心感がぜんぜん違います。アップル製品になにかトラブルがあったとき、アップルのヘルプを参照したり、ブログ記事を検索したり、掲示板を見たり、twitterなどのSNSを利用したりなど様々な方法で解決策を探ることができます。しかし、解決策にたどり着けない場合も少なからずあると思います。グーグルさんにきいてもよくわからない。そんなときは、「ジーニアス」に意見を伺えばいいです。

たとえば、以前ボクはMacBook Airを使っていて、若干のキーボードのゆがみを感じたことがありました。MacBook Airは、薄い筐体であり、やわらかいアルミ素材なので、そういうことも十分起こりえます。ただそれを解決する方法はよくわかりませんでした。力に任せて筐体をぎゅうぎゅう押し付けていいものか?

そこで、iPhoneアプリ「Apple Store」から予約をし、アップルストア銀座のジーニアスバーに相談に行きました。そこではジーニアスに有益なアドバイスをいただき、また実際に自分のMacBook Airをバックヤードにて調整していただきました。ジーニアスからは「力に任せてぎゅうぎゅう押し付けてはだめです。気になったらまたジーニアスバーに気軽に持ってきてください!」と言われて、たいへん安心しました。^^

それ以降ボクはMacBook AirのSpeckのSee thruをつけているので、さらにゆがみを保護することになっているのではないか、と思っています。これで問題は解決しました。いつでもジーニアスに相談できるという状況はたいへんにありがたいです。

***

もうひとつのメリットは、アップル製品やアクセサリ、ソフトウェアの情報を得ること。USのアップルストアの情報であり、日本のものとはけっこう違うところもありますが、取扱商品はほぼ一緒なので参考になります。

appas11.jpg

たとえば、ボクがいま一番気になっているスピーカー「ツェッペリン エアー」。これよさそうじゃないですか? ボクに言わせれば「iPod Hi-Fi 2.0」ですよ!^^

appas12.jpg

ふむふむレビューによると「Best Speaker System Ever」ですか・・・。 あんまりそういうこというと欲しくなるので困ります。^^;

appas13.jpg

ソフトウェアの情報もあります。こちらは「Aperture 3」。 
appas14.jpg

いいことばかりではありません。不安定であることをレビューしているユーザもいます。
appas15.jpg

日本のアップルストア(オンライン)はレビューが少ないですが、そんなときはこのUSのほうをみればいいです。アメリカ人はわりと公正に、また細かい点についても触れて、説得的にレビューを残しているように思います。

***

本エントリでは、USアカウントをお持ちの方は、iPhoneアプリ「Apple Store」をダウンロードして、ジーニアスバーや One to Oneの予約をしたり、アップル製品やアクセサリ、ソフトウェアの情報を得られるというメリットをご紹介しました。

いつかこのアプリが日本でも配布され、いつでも Mac をカスタマイズして、ポチれるようになりたいものですね!

あたらしいMacBook Pro 17 inch、非光沢モデルほっしい! ^^

appas4.jpg





Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)