flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

Aperture 3を快適に動かせるMacを考える

CategoryAperture
  •  closed
  •  closed
どうも、Jack です。

Aperture 3を快適に使いたい! 写真をスイスイ管理して、ゴリゴリ編集したい! そんなふうに思うことがあります。


macaperture00.png

Aperture 3は現行のすべてのMacで動きます。でもすべてのMacで快適に動かせるかどうかは別問題。Aperture 3は、実は重たいソフトウェアです。推奨される動作条件を満たしているはずなのに、「もっさりするー!」などというケースはちらほらあるようです。

Aperture 3は、3Dゲームと同じように、要求するスペックが高いです。そこで本エントリではAperture 3を快適に動作させるための現行のMacについて考えてみたいと思います。

まず具体的なMacの話に入る前に、Aperture 3はマシンのハードウェアリソースをすべて利用するということを指摘しておきたいと思います。CPUは当然のこと、メモリは大量に消費しますし、グラフィックボードは高速な方がいいです。またディスク周りの速度も重要な要素です。これらすべてをチェックしたほうがいいでしょう。

さて本題に入ります。Aperture 3を快適に動作させるのに、まず第1に検討されるべきマシンは Mac Proだとボクは考えます。Mac Proの高速なCPU、ハイパフォーマンスなグラフィックスカード、大容量メモリ、拡張性の高いIOまわりはすべてAperture 3を高速に動作させるのに寄与します。またMac Proの拡張性を利用してRAIDを簡単に構築し、大切な写真データを2重化することができます。

macaperture01.jpg

Mac Proは高価なマシンで有り、場所も取りますが、Aperture 3を快適に動かすために十分なスペックを有しているので、最有力候補です。

第2に検討されるべきは、MacBook Proです。撮影現場ですぐに写真を確認したいという状況があると思います。そんなときはノート型Macが活躍します。MacBook Proシリーズの15, 17インチのモデルにはすべて独立GPUがついています。とりわけ MacBook Pro 15の上位モデルと17インチモデルはグラフィックボードがAMD Radeon HD 6750M 1GB GDDR5であり、なんとメモリが1GBです。このGPUまわりとクアッドCoreのCPUにより、Aperture 3が快適になります。MacBook Proは、やはり15インチまたは17インチでAMD Radeon HD 6750M 1GBのものを選びたいところです。

macaperture02.png

第3に検討されるべきは、iMacです。iMacのマシン性能がMac Proに勝るとも劣らないことは各種ベンチマークテストがあきらかにしているところです。またiMacにはメモリスロットが4つついています。きわめて安価に16GBのメモリを装着することができます。またMacBook Pro以上にGPUの選択肢は豊富です。たとえば最上位機種はAMD Radeon HD 6970M 1GB GDDR5に加えて、2GBのGDDR5専用ビデオメモリを搭載したものも選べます。またiMac は
SSDとHDDのハイブリッド構成を選ぶことができます。可搬性には欠けますが、ワークステーションとしては十分すぎる性能を有しています。

macaperture03.png

上記3モデルは、実際にプロフェッショナルが使用しているマシンです。アップルのApertureの紹介記事の中ででてくる写真家はみな上記を使用しています。またボクが懇意にさせていただいている写真家の方に伺ったところ、Mac ProとMacBook Proをお使いだとのことでした。(余談にはなりますが、その方は写真をiPadにて見ているとのことでした。色が正確だとのことです。)これら MacPro, MacBook Pro (15, 17inch), iMacは、いわゆる鉄板といっていいでしょう。

***

さて2011年7月、アップルは2つの新しいMacを発表しました。Mac miniとMacBook Airです。こちらを検討してみたいと思います。

まず新Mac miniについてですが、最も耳目を引くのはサーバーモデルです。これはクアッドCore i7を搭載しています。HDDも最初から2発積んでおり、容易にRAIDを組むことができます。しかも値段はそれほど高くない。Aperture 3にうってつけのマシンです。またMac miniの上位モデルは独立GPUAMD Radeon HD 6630Mを搭載しています。この独立GPUのおかげでAperture 3は高速に動作させることができると思います。(ただ、クアッドCore i7と独立GPUのどちらが勝るかは情報がないためわかりません。これについては調べてみる必要があります。)

macaperture04.png

次に新MacBook Airです。こちらはフラッシュストレージを搭載していますから、アプリケーションは快適に動きます。しかも前モデルよりも高速になっているそうです。ただグラフィックスはIntel HD Graphics 3000プロセッサですから、ここは弱いところです。たとえばブラシなんかを多様するときは、やはり独立GPUを使用したマシンのほうが速いです。したがってMacBook Airで Aperture 3のようなプロアプリケーションを使用するならば、できれば Core i7 を選択すべきだと考えます。

macaperture05.jpg

ボクの経験では、MacBook Air (Late 2010, Core2Duo 1.4GHz, 4GB) では、Aperture 3を快適に操作することができました。ただMacBook Pro (Mid 2010, 17インチ)のほうが明らかにより快適です。

以上、Aperture 3を快適に動作させるための現行のMacについて考えてみました。



Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)