flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

OS X Lion: アプリケーションの起動方法

CategoryOS X
  •  closed
  •  closed
昨日、MacBook Airを持って妹が遊びにやってきました。先週の月曜日にボクが新型MacBook Air 11インチをプレゼントした妹です。仕事が忙しくて、新しいMacBook Airに全然触れない様子。そこで移行作業を手伝うことにしました。

書類やiTunesライブラリ、iPhotoライブラリ、ムービーなどを旧マシンから新マシンへ移行し、つづいてMobileMeアカウントを設定してブックマークやカレンダー、アドレスブックやメモをMobileMeと同期、最後にiPod touchを新しいMacBook Airに同期するなどして、一通りの作業を終えました。

作業が終わったので、Mac OS X Lion について妹にレクチャーすることにしました。

妹「辞書のアプリをよく使うので、Dockにアイコンを入れてほしいな。」

ボク「わかった。アプリケーションフォルダからドラッグ&ドロップをDockにして・・・。できた。」

妹「OK。これでいいね。」

ボク「ところでこの MacBook Airには Mac の新しい OSである「OS X Lion」が入っているんだけど、知ってる?」

妹「知らない。何か変わったの?」

ボク「うん。なかなか変わったんだよ。とくにアプリケーションの起動の仕方なんか一つ増えたんだ。」

妹「ふうん。Dock から起動するんじゃダメなの?」


1. Dockに置いたショートカットから起動する
Appopen01.png

ボク「それがいちばん手っ取り早い方法だね。よく使うアプリケーションはやっぱりDockに入れておいた方がいいよ。そうすればクイックアクセスなどが可能になるわけだから。」

妹「そうだよね。いま「など」っていったけど、アクセス以外になにかできるの?」

ボク「できるよ。たとえば2本指でタップしてみるとこんな画面が出るよ。」

Appopen09.png

妹「なにこれ。初めて見た。」

ボク「アプリケーションをいろいろ操作できるんだよ。たとえばログオンしたときに、アプリを自動で起動するとか、しないとかを設定できる。もしいつも辞書を立ち上げるようだったら、ここにチェックをいれておくといいよね。」

妹「ふうん。私はいつもSafariを起動するから、Safariにチェックを入れておこうかな。」

ボク「それはいいね。もうひとつTips。Optionキーを押しながら2本指クリックするとまた別のメニューがでてくるよ。」

妹「ややこしいな。」

ボク「まぁね。ボクはアプリを強制終了したいときに、これを使うんだよ。」

Appopen08.png

ボク「ハングしやすい Aperture 3なんかはこれを使うよ。もっともメモリを8GBにしてから強制終了する機会はうんと減ったんだけど。さて、アプリケーションの起動の仕方はまだほかにもあるよ。Finderでアプリケーションフォルダにいってから起動する方法だよ。」


2. アプリケーションフォルダから起動する

ボク「Macのアプリケーションはたいていのものがここに置いてある。ここにFinderからアクセスするんだ。」

Appopen02.png

妹「うん。これはよくつかってるよ。ダウンロードしたフリーウェアなんかもここに入れてる。」

ボク「そうそう。OS X Lion には Mac App Store という機能がついていて、ここからアプリを購入できるんだけど、購入したアプリケーションはここに入るんだよ。さて、もうひとつ。OS X Lionの目玉機能のひとつであるLaunchpad について説明するよ。」


3. Launchpadから起動する

ボク「Launchpadとは、アプリが集まっているところ。さきのFinderをもっとわかりやすくしたところとでもいおうか。みためがiPadみたいなんだよ。」

妹「ふむふむ。」

ボク「新しいMacBook Airには、F4キーにその機能が割り当てられているよ。F4を押してみて。」

Appopen03.png

妹「あっ、iPad みたいだ。」

ボク「でしょう?これはなかなかわかりやすいよね。ボタン一発でアプリを探せるから。」

妹「そうだね。わざわざ Finder を立ち上げなくてもいいというのがいいね。」

ボク「うん。iPad など iOS に慣れた人が Mac にスムーズに慣れるように、というアップル側の意図があるのかもしれないね。さてもう一つコマンドラインを使う方法がある。」(注)


4. コマンドラインから起動する

ボク「さっきみたアプリケーションフォルダのなかにユーティリティというフォルダがある。そのなかに「ターミナル」というアプリがあるんだ。これを立ち上げてみよう。」

妹「なんか難しそうだな・・・。」

ボク「Mac は UNIX なんだよ。UNIX はアプリを立ち上げるときはこのコマンドを打ち込んでやるというのはわりと普通なことなんだ。たとえばこんなのをタイプしてみるよ。」

Appopen04.png

ボク「open -a Dictionary と入力して return キーをおすと、ほら立ち上がったよ。」

妹「ほんとだ。」

ボク「基本的に Terminal をずっと立ち上げっぱなしの人はこっちのほうが取っ付きやすいんだよ。ただTerminalを触らないひとは、べつに気にしなくてもいい。一生気にしなくてもいい。」

妹「私は触らないから、あまり興味ないかな。」

ボク「OK。ボクは仕事でUNIXを触っていたからこっちの方が便利に感じるときもあるんだ。ただ君は、こういう方法もある、Mac はUNIX だってことだけ知っていれば十分だよ。さて最後の方法を説明するよ。これは本当に便利な方法なんだ。」

妹「何? それを最初に話せば時間を節約できるんじゃない?」


5. Spotlight から起動する

ボク「まぁまぁ。Mac の Spotlight を使う方法なんだ。Control キーを押しながら、Spaceキーを押してみて。すると Spotlight の窓が開く。そして dic などと入力してみて。するとほら、辞書アプリが選択できるでしょ? ここでEnterキーを押して。」

Appopen05.png

妹「辞書が立ち上がった!これは便利だね。」

ボク「でしょう。これはとても素早い方法なんだよ。普段キーボードを触れるとき、いわゆるホームポジションに手を置くよね。左手の人差し指がFキー、右手の人差し指がJキー。これが一般的な置き方。で、上で述べた1~3の方法っていうのは、ホームポジションから手をずらすんだ。だからひと呼吸置いてしまう。けれど、Spotlightを使うこの方法では、ホームポジションのままでアプリを起動できるんだ。これはすごいメリットだよ。」

妹「速い、速い。iTunes なんかもこれで立ち上がるんだね。Control キーを押しながら、Spaceキーね。覚えておくようにする。」

ボク「とくにMacBook Air は11インチで縦が 768 ピクセルだからね、ドックは隠しちゃってもいいと思うんだよ。そうすると有効に画面を活用できる。そのかわり Control + Space でアプリケーションを起動するというのはよいアプローチだと思うんだよ。」

*****

以上、OS X Lion でアプリケーションを起動する5つの方法について述べました。


(注)
このエントリのコメント欄から rin さん、そして twitter から @species5628 さんに、「Launchpad の起動に使用するジェスチャについても触れてください」というご要望を頂きました! いやはや、うっかりしておりました。OS X Lion のマルチタッチジェスチャ機能について触れないのはうかつでした~!

Appopen10.png

rin さん、@species5628 さん、ご指摘ありがとうございました!^^ この便利なジェスチャー機能を、今度妹に会ったときに伝えておきますね!

Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)