flower border

Apple King (アップル・キング)

MacやiPhone、iPadの総合レビューサイト

外付HDDのデータを飛ばしてしまった!→データレスキューで全データを復元!

CategoryMac アプリ
  •  closed
  •  closed
先日、Mac で使用している外付HDDのデータを飛ばしてしまいました…!!!

つい昨日まで使えていた外付ハードディスク (容量1TB) が、今日なぜかマウントされないのです。そんなバカな?! アホな?!

USB ケーブルを何度抜き差ししてもだめ。

あああぁ。。。。あぁ無情。あぁ、無情・・・。

これまで大切に保管してきた音楽。写真。オフィス文書。ビデオ。メール。購入したオンラインソフトウェアのパスワード。自炊したPDF。

これらがすべてパー。オレが大事してきたデータは偏に風の前の塵に同じなのか・・・(涙目)

「当然 Time Machineを使っていたんですよね? Time Capsule をお持ちですもんね?」

すみません、Time Capsuleをもっていますけど、使っていませんでした。。。データがパー。クルクルパー。

 ガーン、やっちまった・・・。

久しぶりにクラクラきました。。。

ただ救いだったのは、1) iTunes ライブラリ 2) Aperture ライブラリ は最新のものをバックアップをとっていたこと。いやはや九死に一生を得ました。少なくともこれらがあれば、iPhone/iPad にデータを転送でき、最低限のことはできます。

しかし、れから数日経過したある日、データ復旧ソフトウェア「データレスキュー」を利用することで、飛ばしてしまったHDDからすべてのデータを復元することに成功しました! 

もしかしたらMacユーザの皆様の役に立つことがあるかもしれませんので、ここに顛末を記します。

飛んでしまった外付HDDの症状


  1. MacBook Pro 17インチにて、外付ハードディスクを使用していた。
  2. 先日、USB接続した外付ハードディスクが突如マウントされなくなってしまった。
  3. 通常、外付ハードディスクを Mac につなぐとデスクトップにアイコンが表示される。しかしこの外付ハードディスクはデスクトップにアイコンが表示されない。
  4. しかしディスクユーティリティからはUSB接続した外付ハードディスクが見れる。
  5. ディスクユーティリティから [ディスクを検証] 及び [ディスクを修復] を試みたところ、下記のメッセージが表示されて中断された。

diskutonda01.png


(下記はエラーメッセージ)

ボリューム“disk1s2”を検証中
ファイルシステムを確認中ジャーナリングが有効な HFS+ ボリュームを確認中です。
エクステントオーバーフロー・ファイルを確認中です。
カタログファイルを確認中です。
マルチリンクファイルを確認中です。
カタログ階層を確認中です。
拡張属性ファイルを確認中です。
ノードの構造が正しくありません
ボリューム“Macintosh HD”の検証を完了できませんでした。
エラー:このディスクは修復する必要があります。“ディスクを修復”をクリックしてください。
ボリューム“disk1s2”を検証して修復
ファイルシステムを確認中ジャーナリングが有効な HFS+ ボリュームを確認中です。
エクステントオーバーフロー・ファイルを確認中です。
カタログファイルを確認中です。
マルチリンクファイルを確認中です。
カタログ階層を確認中です。
拡張属性ファイルを確認中です。
ノードの構造が正しくありません
ボリューム“Macintosh HD”の検証を完了できませんでした。
ボリュームの修復が完了しました。ボリューム用のブート・サポート・パーティションを必要に応じてアップデート中。エラー:このディスクを修復できません。できるだけ多くのファイルをバックアップし、ディスクを再フォーマットしてからバックアップしたファイルを復元してください。


あのー。「できるだけ多くのファイルをバックアップし、ディスクを再フォーマットしてからバックアップしたファイルを復元してください。」っていわれても。バックアップしていなかったオレはいったい。。。orz


Apple Store ジーニアスからのアドバイス


上記の5を3度実行し、同じエラーメッセージが出たことを確認しました。そこで検索サイトにて「ノードの構造が正しくありません」などで検索し、ある程度同じような症例をブログや Apple のフォーラムで見つけることができました。対処方法はデータをサルベージするソフトウェア、あるいはリペアソフトを使うことです。

ただこの時点でどのソフトウェアを使うべきかは不明でした。そこでまずは Apple Store 銀座にてジーニアスバーの予約を行って、このメッセージと問題の外付HDDを携え、相談に行ってきました。

ジーニアスバーでジーニアスに上記を細かく説明しました。またジーニアスバーにある MacBook Pro でもディスクユーティリティから [ディスクを検証] 及び [ディスクを修復] を実行していただきました。

ふむふむとボクの説明を聞いたジーニアスは次のように述べました。

「この状況にたいしては、Appleとしてはなにもできない。ハードディスクを消去し、パーティションを作り直すこと。ハードディスクは3rd party 製ですから、保証期間内ならば、交換してもらうと良いでしょう。バックアップをとられていなかったのは、とても残念なことです。」

ジーニアスは続けて「ただしこれは非公式の回答にはなりますが、ソフトウェアを使って復元する方法があるかもしれません。なぜならジーニアスバーでも検証したように、ディスクユーティリティからHDDが見えているからです。これは推測にすぎませんが、おそらくノードの構造が壊れているので、ファイルが見えないだけです。ファイルはかなりの確率で救うことができるんじゃないかと思います。

たとえば データレスキューなどのソフトウェアをご検討されたらどうですか。Apple Storeの2Fでもいくつか売っていると思います。」と述べ、助け舟をだしてくれました。

ジーニアスはさらに「私個人の経験で恐縮ですが、同じようなことにあったことがあります。そのときは頭の中が真っ白になりました。すべてデータが飛んでしまったわけですから。数年前のことですね。そのとき、フリーウェアでどうにか解決しようとしたのですが、無駄でした。バックアップはとっておらず、けっきょく全データはあきらめました。これは本当にいたかったですね。

なぜあのとき有料のソフトウェアを試そうとしなかったのだろうかと思います。有料のソフトウェアは、高いだけあって動いてくれると思いますよ。ただし、繰り返しになりますがこれはアップルとしては非公式の回答です。お客様ご自身の自己責任の内容です。なおデータ復元業者に頼むと数十万円単位の見積もりになるでしょう。」とアドバイスをいただきました。

解決への方法 (1) - Tech Tool Pro


自宅に戻り、解決への方法を探ることにしました。ジーニアスバーでアドバイスをもらったとおり、有料のソフトウェアを使うことで解決しようとしました。どのソフトウェアをつかうか。

まずは手持ちの有料オンラインソフトウェア「Tech Tool Pro」を使って、ディスクを修復できるか試してみました。

しかしダメ。Tech Tool Pro は、この問題を解決することはできませんでした。


解決への方法 (2) - データレスキューの試用版


つぎに「データレスキュー」の試用版を試してみました。

試用版は、データの復元に制限があるものの、どのようなファイルやフォルダがあるかをスキャンしてくれるところまではやってくれます。まずは試用版でどこまでやれるかをみてみることにしました。

けっか、データレスキュー3試用版で Deep Scan してみたところ、すべてのデータをスキャンすることができました!(ちなみに Deep Scan を実行完了するには丸一日かかりました。)

ここで問題が半分以上解決したと確信しました。


解決への方法 (3) - データレスキュー



試用版でファイルが復元できそうだという見込みがたち、いよいよデータレスキューを購入することにしました。

▶︎▶︎アイギーク・インク Data Rescue 4をAmazonで見てみる

そしてさいど丸一日かけて、外付HDDをDeep Scan したところ、同じようにファイル/フォルダを表示させることに成功しました! 

diskutonda02.png

そしてすべてのファイル/フォルダを別の外付HDDドライブに無事復元することに成功しました!!

diskutonda03.png


データ復旧 まとめ


以上、データレスキューを用いて外付HDDのデータ復元に成功した過程を述べました。

もしお手持ちのHDDのデータを飛ばしてしまったり、あるいはデジカメデータの入ったメディアを誤って消去してしまった事態が発生してしまったときは、データレスキュー3、あるいはほかのソフトウェアでも復元可能かもしれません。

何より大事なのは、普段からバックアップ手段を確保しておくことです。これはもう痛感しました。まず TimeMachine をきっちり運用しておくこと。つぎに大事なデータは外付HDDやDVD、あるいはDropbox などのクラウドストレージに保存することも保険として必要です。(今回はこれで救われました。)

みなさま、どうぞデータを大事になさって、復元ソフトに頼らなくてすむようになさってくださいね!!


▶︎▶︎アイギーク・インク Data Rescue 4をAmazonで見てみる
Macの購入はApple公式サイトがおすすめです。
・ノート型 ▶︎▶︎最新MacBook Pro10万円を切るMacBook Air軽量なMacBook
・デスクトップ型 ▶︎▶︎iMac Retina 5KディスプレイモデルiMacMac ProMac mini
・学生さんや先生、PTA役員はこちら▶︎▶︎学生・教職員向けストアでMacを見てみる
・お得な整備済製品はこちら▶︎▶︎整備済製品のMacを見てみる

なお「どの Mac を購入していいかわからない」という方のために、Mac購入ガイドを下記の記事で解説しています。ぜひ参考になさってください。オススメのMacを紹介しています。

▶︎▶︎Mac購入ガイド (おすすめのMacはこれだ)