ヤマダ電機のAppleパンフレット

どうも、Jack です。

今日夕食後ヤマダ電機にいってきました。自宅から歩いてちょっとのところにあります。散歩がてらいってきました。目的はソフトバンクのケータイを見に行くこと・・・。

普段ヤマダ電機は行きませんので物珍しくいろいろと店内を巡っていたら、Macコーナーがありました。iMac 24 inchが約2万円引きで売られていました。もーすぐリニューアルだから、旧型になったらさらに安くなってお買い得かもなあ、などと邪推しているとアップル製品のパンフレットがあるのでもらってきました。

これはヤマダ電機が作った(と思われる)パンフレットです。ヤマダのロゴ入り。とてもきれいな全12ページのパンフレット。力が入っているのを感じます。
yamada1.jpg

yamada2.jpg


いわく、「まるごとMac」「まるごとiPod」。
いいねえ、「まるごと」。なかなか使わないことばであります(笑)。

このパンフレットとてもよくまとまっています。「Macなら使って楽しい!って思う」などというキャッチコピーはアップルファンなら肯首するところ。

iPhoto 6 の紹介のくだりでは「デジカメ写真の整理、編集も楽々!」とのこと。まさにそうそう、と頷きながら読み進めてしまえます。

yamada3.jpg


***

このあたりの数字を見ますと、File116. 激化する家電量販店業界の動向ヤマダがダントツなのがわかりますねえ。いつの間にこんなに売上のばしていたんだろ。

個人的には、ボクはアップルストアかヨドバシ・ビックしかいきません。ヤマダはなんとはなしに商品の陳列が見づらい気がするんです。倉庫の雰囲気があって、楽しめないんですよね。買い物なんて品物と金銭の交換場所なのに、雰囲気までもとめてしまうんですよ。ほんの些細なテイストだけど。アップルのショップみたいなのがやはりStore in Storeとしてはベターな気がします、電脳空間カーボーイでもケイス淀橋がいってましたが、アップルストアと量販店でMacを買うのはぜんぜん違う行為だと。ヤマダももうすこし雰囲気をだしてくれたらなあと思います。

ただこういう見方はヤマダのお客さんをみていない意見なのでしょう。ターゲットにしてる客層が違うのかもしれません。注目すべきはこのパンフレットのモデルさん、一目見てほくろがきになります。髪の毛もボサボサだし、非常にリラックスしすぎている感じがあります。これあまりに日常なんですね。そしてこれは意図的にそうしているんだろうと思います。おそらくヤマダのマーケティング部は普段着としてのアップルを大いにアピールしているんではないか、と思います。ロードサイド店舗としてのヤマダ電機のアップル製品へのアプローチがこのあたりになるのかな、と考えた次第です。

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク