MacBook Pro with Retina display で再発見するヒラギノフォントの美しさ

どうも、Jack です。

Mac を、ほかのコンピュータと隔てる大きな要因は搭載されているフォントです。とりわけ日本の Mac ユーザにとっては、ヒラギノフォントの存在は大きいものだと言えると思います。

いまさらなことかもしれませんが、ヒラギノという優れたフォントが Mac OS X に搭載されているのは驚くべきことです。ヒラギノゴシック、ヒラギノ丸ゴシック、ヒラギノ明朝。いずれも美しいフォントです。これらのフォントのおかげで、コンピュータの画面上で文字が大変に見やすいのです。

hiraginoretina.png

そしてヒラギノフォントは MacBook Pro with Retina display においてよりいっそう映えます。よく「Retina displayでは文字が印刷物のように見える」という人がいますが、これは事実です。たとえば10ポイントぐらいの小さな字で入力してもRetina displayのおかげで字が滲まず、くっきりはっきり見えます。これは驚きですよ! ヒラギノとRetina の相性は抜群です。モー、サイコー!

Mac の魅力は、さまざまな多機能なことが簡単にできること。例えば iLife。iMovieでショートムービーを作ったり、GarageBandでPodcastを作ったり、iPhotoで写真集を作ってみたり。テンプレート通りに作ればあっというに作品が出来上がります。ユーザは簡単にやっているつもりですが、裏では実に複雑な作業が走っています。

いっぽう、Mac では超シンプルなことをするのもいいと思うのです。なにか好きなエディタを開いて、フォントの設定をヒラギノ明朝にし、気の向くままに心に浮かんだことを書く。真っ白な画面に打つ。フォントはちょっと大きめにしてやる。一語一語を大切にして、慎重にことばを選ぶ。そして文章を書き終えて、ファイルを保存する。

そんなシンプルなことも Mac では気分よくできます。それはフォントの存在が大きいからだと思います。フォントは文章を書く人の心と不可分です。Macに標準搭載された美しいフォントを使うと、実に気分良く文章を書けるのです。

エディタは、個人的には Mac OS X 標準のテキストエディットが好きです。使い勝手が実によろしい。また Mac App Store で手に入る BywordOmmWriter Dāna IIも好きです。ほかにも、iText Express やら WriteRoom やら、魅力的なエディタはたくさんあります。

hiraginoretina2.png

(参考URL)
yamaq blog 「明朝体を使うことが多くなる

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク