iPhone 5が発表 - 4.0インチの魅力

どうも、Jack です。

本日、iPhone 5が発表されました!

iphone5.jpg

新しいiPhoneは、Apple A6チップを搭載。スクリーンサイズは4.0インチで、もちろんRetina display搭載。さらにはLTEに対応。順当な進化です。

特に大画面化は多くのユーザに長らく望まれていたと思います。かつてエクスペリアというAndroid携帯を使っていた時、それ自体にはあまり感心しませんでしたが、画面の大きさには目を見張るものがありました。今回iPhoneが大画面になるということで、ウエブブラウズはもちろん、表計算アプリや書籍アプリなどで威力を発揮しそうです。

ただiPhone 5については、不明なところ、知りたいところがまだあります。アップルがはっきりうたわない部分、例えばメモリの搭載容量が気になりますし、A6は本当に速いのか、A5に比べて有意な差はあるのか、気になります。

日本のiPhoneユーザにとって気になる点は、LTE対応でしょう。auもソフトバンクモバイルも対応するとのことですが、本当に速くなるのでしょうか。アップル側が宣伝しているように、日本においても高速な通信を楽しめるのか、まだわからないです。

さらにわからないのはテザリング対応です。テザリングは、USではサービス開始して久しいですが、なぜか日本では対応していません。IT立国日本において、なぜiPhoneはテザリングができないのか、まったく理解できません。

この点については、おそらく本日、auとソフトバンクモバイルがアナウンスを行うので、明らかになるところもあるのではないかと期待しています。

まだ発表の興奮冷めやらぬといった状況ですが、ひとつ明らかなのは、iPhone 5は、21日の朝8時からアップルストアで販売されるということ。今年も大勢の人が行列をなすにちがいありません。

iPhoneでまたまた賑やかな秋になりそうですね!(^ー゜)

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク