iPhoneのカメラ機能で写真ライフがますます楽しくなる

どうも、Jack です。

iPhoneのカメラ機能で写真ライフがますます楽しくなります。

iphone5came.jpg

@masenex さんがつぎのようなツイートをしていました。







一般的なコンパクトカメラは小型軽量が図られており「気軽に持ち歩けるサイズ」です。しかし、iPhone はそれらよりもずっと薄く軽く、まるで身体の一部のように扱うことができます。普段から持ち歩いているiPhone のカメラ機能を活用すれば、「撮りたい!」と思う瞬間を逃しません。これはとても大きなメリットです。

iPhoneのカメラ機能に対する評価を述べた@masenexさんは、続けて次の様なツイートを行っています。




iPhoneで気軽に写真を撮影する楽しさ。さっと取り出してさっと撮影して楽しむ。お気に入りの写真はすぐにメールに添付しておくったり、SNSに掲示したりでき、身の回りのひととシェアできます。iPhone によって写真表現に親しむ機会をふだんから感じられるだけではなく、写真を通じて楽しさや美しさ、悦びを他者と分かち合うことができます。

***

iPhone 4sには8MピクセルのiSight カメラを搭載しています。これはソニーの裏面照射CMOSを使用していると言われています。

そして最新のiPhone 5にもおそらく同じセンサーが使用されているそうですが、どうやら画像処理のエンジンが異なっているとのこと。

iPhone 4sのレンズは新設計の光学エンジンを使用し、5枚構成でF2.4となっていました。35mm換算で、焦点距離は35mm。iPhone 5においてもおそらく同じだと思います。

また iPhone 4と比べてiPhone 5は暗所性能が良くなっているとのことです。下記のブログが詳しいです。

「iPhone 4SはISO800までだったのに対し、iPhone 5ではISO3200までサポートしています。ホワイトバランスが崩れますが、スマホの中でもノイズが少ない部類といえそうです。ISO3200が実用可能な感度になったことで、暗い場所でも難なく撮影できるようになりました。テスト環境ではシャッタースピードが1/15秒と、比較的速いのも特徴です。

もちろん印刷には向きませんが、SNSなどの用途では十分に使用可能レベルだと思います。夜間は思うように撮れなかったことを考えると大きな進歩です。」

ガジェット速報「レビュー:iPhone5のカメラを試す 暗所性能は飛躍的に向上



もちろん携帯電話のカメラのセンサーですから小さく、画質の面ではデジタル一眼カメラのような大型センサーとは比較になりません。しかしiPhoneにはiPhoneのよさがあります。個人的にはそれぞれの特徴を踏まえて、両方楽しむのが得策だと考えています。

iPhone 5でじっくりと写真に向き合う。気軽に向き合う。夜間にも楽しむ。iPhoneのカメラ機能で写真ライフがこれまで以上に楽しくなるのです。 ^^

(参考URL)
Apple「iPhone 5 で実際に撮影した写真
iPhoneのカメラが楽しい。 | 写真撮影・撮影機材 | 細野晃義写真事務所 The HOSONISM





サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク