中国市場で増え続けるアップルストア。日本での新規出店の見込は?

中国(香港・台湾を含む)ではいまアップルストアの開店ラッシュを迎えております。アップルストアの中国一号店は2008年に開店しましたが、当初はそれほどの伸びを示していませんでした。下記の記事によると、2010年時点は25店舗開店する計画であったとのことです。

 米Apple:中国で25店舗の小売店展開を計画|IT|ChinaPress

2012年3月、ティム・クックCEOが中国を訪れたとき、アップルストアは中国全体で6店舗 (Sanlitun, Pudong, Hong Kong Plaza, Xidan Joy City, Nanjing East, IFC Mall) に留まっていました。

しかし2012年9月から12月までに、アップルストアを中国で5店舗を開店させることに成功しました。クックCEOが今月、中国を再び訪れたとき、アップルストアは11店舗にまで拡大していました。

アップルの中国に対する目線は例えば財務諸表に現れています。アップルの2013年会計年度は昨年10月から始まりましたが、この期より中国(香港・台湾を含む)という区分ができました。アメリカ・ヨーロッパ・中国・日本・その他太平洋地域・小売の6区分となったという次第です。じっさい中国は前年同期比67%増の売上を示しています。日本市場の1.5倍となっております。

またクックCEOは中国市場への投資の意欲を繰り返し発言しているのは周知のことです。

今年もアップルストアが中国には建設されることでしょう。すくなくとも3店舗は下記のサイトが作成したリストから伺えます。

 news and information about Apple Inc.'s retail stores

 こちらはエクセル形式のリストです。
 http://www.ifoapplestore.com/stores/apple_stores.xlsx

私自身昨年12月に香港・Causeway Bay 地区の Apple Store, Causeway Bay のグランドオープニングに立ち会ったとき、その美しさに圧倒されました。一目みれば、このストアの建設に莫大な費用がかかっていることがわかります。

 Apple Store, Causeway Bayのオープニングレポート おかゆ MacBook

香港・Causeway Bay 地区は、中国の富裕層たちが訪れるようなショッピングエリアだそうです。ここでいう富裕層とは、香港の高級マンションを「現金で」買えるようなひとたちという意味であります。Apple Store, Causeway Bayは、そのような場所にふさわしい、誠に豪華なストアでした。クックCEOの中国への投資意欲を肌身で感じたという次第です。

***

さて我が国日本には、主要都市にアップルストアが7店舗(札幌・仙台一番町・銀座・渋谷・名古屋栄・心斎橋・福岡天神)あります。日本は1億2000万人の人口を有する大国ですから、もっとアップルストアが増えてもよいのではないかという気がしなくもありません。

とりわけ首都圏(1都3県)においては34百万人もの人がいるのに対して、アップルストアが銀座・渋谷だけというのはいかにも少ないです。新宿や大宮、横浜あたりにアップルストアがあってもいいのではないかと思わないでもないです。

しかし今後日本にアップルストアが増える見込みはないだろうと私は考えています。アップルストア銀座クラス、あるいはApple Store, Causeway Bayクラスの、存在感のある美しいストアを建設するとして、その投資に見合うほどの場所は、上記7店舗のほかは、日本に存在しないだろうと思うからです。

日本には、Macに関してはヤマダ電機やエディオン、ケーズ、ビック、ヨドバシなどの家電量販店もありますし、Store in Store の Apple Shop もあります。少ないですが、Apple プレミアムリセラーもあります。またiPhone/iPadに関してはそれら量販店にくわえて、携帯電話ショップも多数あります。これらがアップルストアのかわりに果たしている役割が大きくあるのではないでしょうか。

さきに挙げた2013会計年度第一四半期において、日本の売上は前年同期比25%増の売上を示しております。アップルのすべてのリージョンのなかで、日本は8%の売上を占めており、依然としてそれなりの存在感を示してはいます。

しかし日本は先進国であり、すでに成熟し発展を遂げた国であるため、今後の大きな飛躍は期待できないという点で、「アップルストアは日本には必要ではない」とAppleのマネジメントは考えているのではないか。そのように私は思います。



サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク