MacBook Air のバックライトキーボードが便利!

MacBook Air (Mid 2012) 11-inch をベッドルームに持ち込んで使うことが多くなりました。

usorjis.jpg

これまでリビングやダイニングでMacBook Pro Retinaディスプレイを使い、外出先ではMacBook Air (Mid 2012) を使うということをしていました。しかし、MacBook Airにはバックライトキーボードがついています。これがかなり便利で、暗い中でもキーボードを打ててしまうので、MacBook Airを寝床に持ち込んでゴソゴソやっております。^^;

MacBook Air 11-inchのいいところは小さいところです。薄くて軽くて小さい。それでいて、しっかりとしたフルキーボードを備えている。OS はもちろんUNIXベースの OS X。これがベッドの中での使えてしまうというのだから驚きです。

ベッド基準だと、MacBook Pro は厳しいと思います。やはり MacBook Air 11 か 13-inch が取り回しがよくていいですね。(ベッド前提というのもどうかと思いますが。。。)

以前使っていた2010年製の MacBook Air の最大の不満点はバックライトキーボードがないこと。しかし2011年からは復活しました。やっぱバックライトがないとだめなんですよね。^^

いま iCloud や Dropbox などのクラウドサービスがあり、作成した書類などはクラウドに上げて、Mac でも iPhone/iPad でもアクセスできるようにしています。そうすると便利なんです。

簡単な入力であればiPhone/iPadで十分イケますが、細かいことをやろうと思ったらMacだと思います。

クラウドを頂点にして、そこにMacBook Air - MacBook Pro - iPhone - iPad をぶら下げて連携させるというのは、かなり有効で効率がいい方法だと思っています。というわけでこのエントリもベッドの中で書いています。^^;

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク