OS X Mountain Lion の標準アプリを使い尽くす(メモ、テキストエディット)

なぜ Mac を使うのか。ひとによってさまざまな理由があるでしょう。MacはUNIXでできています。このUNIXを家庭で使いたい。それが私の動機でした。

201302macu.png

そしてOS X Mountain Lion にはさまざまな便利なアプリがあります。そのアプリたちは一見ふつうのアプリのように見えます。しかし時としてウラワザがあったりします。このテクをしっていると、アプリが抜群に使いやすくなります。

OS X Mountain Lion メモ.appのウラワザ


たとえば、メモ.app。じつはリスト入力できるのです。

方法は実に簡単。半角で「1」「. (ピリオド)」「スペース」を入力するだけ。なんの奇をてらった方法でもありません。ちょー便利。

こういう便利な機能をたくさん知れたらいいですよね。Mac がますます好きになります♪

OS X Mountain Lion テキストエディット.appのウラワザ


そして、私のおすすめはテキストエディット。もー、大好きなんです。Apertureについでこのテキストエディットを多用しています。

世の中にはたくさんのエディタ、テキストエディタが存在します。日本のユーザになじみのあるところだと、mi や iText Express 。このブログでも取り上げた OmmWriter Dāna IIWriteRoomBywordなどなど。枚挙にいとまがありません。

しかしそのなかでも一番好きなのは、Apple標準のテキストエディット。リッチテキスト、標準テキストを編集できるアプリです。一見すると単なる「メモ帳」。でもそんなレベルではないんです。じつはすごい機能が満載なんです。

テキストエディットは、標準テキストモードこそできることはすくないのですが、リッチテキストモードでは左寄せ、中央寄せ、右寄せ、ボールド、アイタリック、など当たり前。行末ハイフン処理も段落一文字目の字下げもいけちゃいます。ルーラーを動かせばタブを好きな位置に移動することもできます。リストや表も作成できるし、写真や動画も埋め込むことができます。

もう、ほんとにスゴイんですよ、テキストエディットちゃんは!!

さて「そこまで Jack さんがテキストエディットを大プッシュするならちょっと使ってみようかな」というかたにお勧めしたい3つのウル技をお伝えします。

1. ショートカットShift + Command + T
 あっというまにリッチテキストが標準テキストになります。(もう一度やるとリッチテキストになります)

2.ピンチイン、ピンチアウト
 たとえばMacBook Air 11-inchなどでテキストエディットを起動したとき、文字が小さくみえます。こんなときピンチアウトしてみてください。ビヨッっと文字が大きくなります。
 なおCommand + [+] もよく使います。(標準テキストモード)

3. 矩形選択
 オプションキーを押しながら、テキスト選択してみてください。これ、マジで便利っす!!

メモもテキストエディットもしゃぶり尽くすほどに使い込みたいのです。^^


・Mac のウル技を知りたい方におすすめの本がこの『カンフーマック ―猛獣を飼いならす310の技』です。

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク