勉強の秋、Leopard で辞書を使おう (動画付)

どうも、Jack です。

秋らしくなってきましたねー。食欲の秋、スポーツの秋、いろいろあるけど、おかゆMacBook 的には、Leopard の秋と行きたいところです。

さて、先日の辞書のエントリはいろいろたくさんの方に読んでいただけたようで、うれしかったです。今日はその続き。Leopard はすごい辞書アプリを搭載しているのですが、ショートカットがなにより便利なのです。Ctrl + command + [D] です。これ、「フレミングの法則」ばりに覚えておくとすごく役立つんです。

さらにそれを押し続けるとどうなるか。百聞は一見にしかず。下の動画をご覧ください。

マウスを動かすたびに勝手にぴょこぴょこ意味が出てくるのです。すごくない?「Art is long, life is short」なんて慣用句も出てくるんですねー。

これ自分で撮りました。今回、初めて YouTube にアカウントをとって、アップしてみましたよ。ピントがずれてるのはご容赦ください。

話はかわりますが、Tiger まで英英辞典は あったけど、外国語の辞書が搭載されたのって日本語だけだよね。たとえば言語環境をフランスにして英仏辞典があるのかやってみたけどありませんでした。これって、日本のユーザが恵まれてることの証左、あるいはアップルが日本に力を入れたいと思ってることの現れ。

ちなみに動画では「Play」ばかり検索していますが、ボクのモットーは「All works no play makes Jack a dull boy」(よく遊び、よく学べ)です。

***

この英文は、オスカー・ワイルドの "THE GROSVENOR GALLERY 1879"(グロウブナーギャラリー)です。ボクの記憶が正しければ、ワイルドがオックスフォードを出たときに見た展覧会の新聞での論評です。割と有名なテクストです。

いま東京ではベルト・モリゾ展とかセザンヌ展をやっていますが、その印象派とほぼ同時期にヨーロッパでは象徴主義がありました。このワイルドの小論文はイギリスの象徴主義について生々しく伝えており、貴重です。

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク