FMケータイのいま

どうも、Jack です。

FMケータイのイベントがあるそうです。

KDDIと民放FM53局、桑田佳祐ライブを同時生放送--FMケータイ普及に向け (CNET)

「KDDIは、2003年12月に日本で初めてFMケータイを発売し、これまでに1800万台以上の端末を販売している。」とのこと。4年ちょいで、ここまできたんですね。ここでいう日本で初めてFMケータイとは A5503SA のことなんです。ラジオ好きなボクはこのA5503SA発売日から2、3日で購入した記憶があります。とても思い入れのある携帯電話でした。
FMkeitai1.jpg

これは本当にいい機種でした。au が破竹の勢いだったころに出た名機です。薄いのに画面もきれいで、性能もよくバランスが良かったです。ずっとこれを使っていました。

そのあとグローバルパスポート対応の機種がこれ。これもFM搭載。
FMkeitai2.jpg

電子コンパスがついているのがとてもうらやましかったです。手に入れなかったのですが。この頃から三洋っていい会社だなーって感じ始めました。

これはW21SA。とても欲しかったFMケータイ。
FMkeitai3.jpg


A5503SAのつぎに購入したのが W32SA。FMケータイにくわえてアナログテレビも。これも名機でしたが、ジーパンのお尻のポケットに入れていたときすっころんで壊してしまった。
FMkeitai6.jpg


TBSラジオ「永六輔 土曜ワイドラジオTOKYO」のCMでもおなじみのドコモのラジデン。これは厳密にはFMケータイとは言えませんが、FMにくわえAMもついているというすばらしい機種。このためにドコモに戻ろうかと思った。コレクションしたいと本気で思える名機です。
FMkeitai4.jpg


W44S も良かった。これはデジタルラジオを聴ける最初の機種。ラジオの未来を感じさせた。もうauは解約しちゃったので持っていないのですが、iPhoneとは正反対のデザインセンスは楽しい。
FMkeitai5.jpg


ボクはテレビよりもラジオが好きです。好きです、っていうか、テレビは廃止してもらってもいっこうにかまわないが、ラジオはずっと置いておいてほしいって思ってます。ラジオを偏愛しているんです。従い、FMケータイにはいまでもとても期待しています。今回のイベントでラジオ好きが増えたらいいなーとおもいます。その意味で、今回の桑田圭佑のイベントは大賛成。

ただ、気になる点もあります。2003年のFMケータイ発売当時と2008年の今を比べてFMケータイを取り巻く環境はどのように変化したのでしょうか。

たしかに1800万台販売というすごい実績はあります。(ただ実ユーザ数はどうなのかは解りませんけど)しかし、3Gネットワークを持つケータイとFMという電波がどのように絡み合って有効なアウトプットを出せているのかという点については、正直、発展途上という気がしてます。今後のビジネスモデルの青写真が見えないのはボクだけだろうか。

FMラジオはFM波。ケータイは3G。これらは互いに相反する存在ではないのか、ボクは以前から疑問に思っているのです。たしかに2003年ではケータイ+FMでは驚きました。よくぞ携帯電話にFMを搭載してくれた!と。でも、2008年ではだれも驚かない。iTunes などでインターネットラジオを簡単に聴ける環境のいま、FM局の果たすべき役割は変化しているような気がしてなりません。

今回はFMラジオ局+ケータイ+桑田圭佑です。では、次はなんなのか。+ユーミンなのか。+コブクロなのか。+平原綾香なのか。なるほど、それぞれのアーティストはすばらしい。しかしアーティストの力だけでひっぱれるには限界がある。放送局の打ち出す新しいビジネスモデルの上での話であるべきだと思います。

ここで一番大事なのは株式会社エフエム東京の経営姿勢だと思います。この会社はかつて株式上場を狙っていました。しかしライブドアの一件で腰が引けてしまった。けっきょく小さな存在でしかないことが露呈してしまった。

ボクはJFNを束ねる会社として株式会社エフエム東京に期待しています。ぜひともイノベーションを引き起こす存在であってほしいなと思います。インターネットプロトコルもFM波もFMケータイが主役となる、そんな形になったらうれしいんですが。

いまや猫もしゃくしもiPod。電車にのっていて iPod を見ない日はありません。けれど、Think Different な立場だったら、iPod をぶっとばすような存在にFMケータイがなってほしいと思うのもありでしょ? 昔からFMラジオをカセットテープにとって何度も聴いていたラジオ好きの妄想でした。ちゃんちゃん。

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク