美術展「青春のロシア・アヴァンギャルド」観てきました

どうも、Jack です。

渋谷の Bunkamura で美術展「青春のロシア・アヴァンギャルド」を観てきました。とてもよかったです。★ x 5 です。

ロシアの若い画家たちの絵画を観てると、こっちまで若い気持ちになっちゃいます。

なによりピロスマニに出会えたのが今回最大の収穫でした。額絵も買っちゃいました。
Pirosmani1.jpg
ニコ・ピロスマニ≪宴にようこそ!(居酒屋のための看板)≫

いい顔してますでしょ? グルジアに行ってみたくなりました。

Pirosmani2.jpg
なんて書いてあるのか読めない。

素朴なピロスマニもいいんだけど、ボクは最近抽象絵画に心惹かれます。そこで今日ロシア構成主義の絵画がたくさん観れて、感激しましたね。画家たちが一生懸命分解して、分解して作品を作っているんですが、そのやり方がね、やっぱり若々しい。ぐっと胸に迫る物があります。
(展覧会のチラシによると、ロシア構成主義は「20世紀半ばを過ぎると共産党中央委員会によって抽象美術が否定され、終結したとのこと」)

今回の展覧会はテーマがテーマだけに一般受けしないと思われますが、それでもかなりじっくり手が込んだ作りになっていました。もう一度いってみようかな。図録もゲットしてきたので、あとでゆっくり読みます。楽しみ~

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク