iPhone 3G での YouTube に期待!

どうも、Jack です。

YouTube の広告を首都圏の駅で見かけるようになりました!

YouTubeもなかなかおもしろいことをやっていますね。

昨日、病院に入院中の妻を訪ねて、赤ん坊の写真を iPod touch に取り込んだものを見せてあげました。

「けっこう綺麗に撮れているね」
「レンズがシグマで面白いでしょう?」

などと話をしていると、そういえば動画を作ったことを思い出しました。

「そういえば、赤ん坊の映像を YouTube にアップしたんだよ」
「この iPod touch では見れないの?」
「ああ、しまった! 動画を iPod touch用にエンコードして、iTunes のライブラリに追加して、入れてくればよかった!」

さっそく家に帰り、Wi-Fi で自分のアカウント「JackMacBook」で検索してみると、おお、自分の投稿した動画が iPhone/iPod touch 用アプリでも検索できるようになっているではありませんか。
youtubeipodtouch.jpg
なんだかMacで見る FLV ファイルよりも、高画質のH.264動画が綺麗だなあ、などと思ってしまいます。

実はこの iPod touch の YouTube 機能、わりと宝の持ち腐れ機能になっちゃっています。iPod touch 本体に保存できればまだ機能を活用できましょうが、Wi-Fi 限定でとなると、使う場所が限られてしまいます。ボクは家でしか使いませんが、家だったらMacでみちゃいますよねえ。しかもイヤホンをしなければ音が聞こえない。

そこで、iPhone 3G に期待しているんです。iPhone 3G があればいつでもどこでも YouTube が楽しめる。(ダウンロードの速度は気になるけれども)ワンセグよりも YouTube のほうが面白いです。空耳アワーを見て和むもよし、個人が作った動画を見るもよし。iPod touch 用に動画を再エンコードして入れ直すなんて、馬鹿げたダブルワークも避けることができる。

気に入った動画があれば、メールアプリですぐにだれかに送れます。

youtubeipodtouch2.jpg
とても簡単。

***

Mac のいいところのひとつは、なにか作ってみようという気持ちにさせられるところだと思います。一般的なパソコンの使われ方として、メール/ウェブ/SNSあたりがあると思いますが、さらに一歩進んで、ブログを書いたり、iPhoto でフォトキャストをつくったり、あるいは GarageBand でポッドキャストをつくったり、iMovie 08 で動画をつくってみたり。そんなところがいいところ。

そしてこの iMovie 08 は、YouTube との連携性が良くて、驚きです。YouTube でアカウントさえ作っておけば、なにも考えずに投稿してくれる。ウェブサービスとアプリケーションの連携性のすごさには、いつものことながら舌を巻きます。

Mac ユーザが iPhone 3G を買うということは、情報発信のためのプラットホームをもうひとつ手に入れることと同義です。 iPhone 3G をいろいろ活用して、遊びたいですね!

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク