Parallels で年賀状作成しました。

どうも、Jack です。

もう12月も後半になってしまって、そろそろ年賀状を作らなくては行けないと思い出しました。さてなにでつくりましょう? Mac の宣伝では iPhoto で作れると言っていましたが、ん~ 作れない事もないかな、というかんじでした。それよりも餅は餅屋ということで、年賀状作成ソフトを利用した方が手っ取り早そうです。

そこでボクがとった手段は、こちらです。

 ・Parallels Desktop for Mac + Windows 2000
 ・Windows用「楽々はがき2005」 (ジャストシステムズ社)
 ・プリンタ:BJ S700 (キヤノン社)

これで、おおむね問題なくいけました。いちおう動作報告です。

Mac のアプリ「宛名職人」は高くて使いませんでした。8190円はちょっと・・・。いくらなんでも高すぎです。そこで、せっかくParallelsも購入した訳だし、Windows用のソフト「楽々はがき2005 」をつかうか!と思いました。こちらは二年前に2000円で購入したもの。もう3年も使い回しています。(^^; いい加減モトはとりましたね。これ、結構つかいやすいんですよね。でも、MacBook についてくる Comic Life のほうがずっとスマートではあります。(Comic Life でも作成を試みましたが、楽々はがきについてきたテンプレートのほうがラクでした。でも、Comic Lifeも案外イケそうではあります。)

Parallels で直面した問題は、USBプリンタのドライバのインストール。これまで Parallels でブルースクリーンなど一度も見た事がありませんでしたが、USBプリンタを接続したら不安定になり、なんども再起動することを余儀なくされました。その過程で問題が発生しそうなポイントというのがわかりましたけどね。それさえ克服すれば、いたって簡単に印刷できました。

ボクはほとんど Mac にスイッチしたんですが、「宛名職人」だけは高くてパスしました。そのかわり Parallels で自分がライセンスを持っているソフトウェアを再利用できたので、御の字ですね。ハガキ作成ソフトは1年に1度でしょうけど、Parallels でできることはたくさんありますからね。

さて最後ですが、ボクは宛名とコメントを自筆で書きたい派なので、あとは24日までにさくさくと書くのみです。みなさんも、年賀状はお早めに~。

P.S.
インクジェットって消費期限が結構短いですね! インクジェットプリンタって年賀状作成にしか使用しないので、1年に1回、押し入れから引っ張りだしてくるのですが、そのたびにインクを補充してます。あれ、インクかすれてる!って気づくのです。(^^;
結局全取っ替えで、計3000円ぐらいですか。いやはや、案外高くつくものです。

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク