iPhone 3GSで快適な電子辞書生活を。

iPhone 3GS、気に入ったぜ。

そうつぶやいてみたのです。なぜか? アプリの起動がとても速いからです。たとえば辞書アプリ。ボクは物書堂の「ウィズダム英和・和英辞典」と「大辞林」、また「iEijiro」を iPhone 3GS にインストールしているのですが、サクッと起動します。これがとても気持ちいい! このエントリでは、 iPhone 3GSでの電子辞書の利用について、すこし述べたいと思います。

monokaki3GS1.png

iPhone 3Gで辞書アプリを利用していたとき、調べたいことばを入力するためには、若干のもたつきがありました。我慢できないほどではない。十分利用可能です。また、とりわけ物書堂の辞書アプリはとても便利なので使っていたのですが、しかし「OSのアップデートで改善されないだろうか。ソフトウェア側で高速化を実現できないものか」という印象を抱いていたのは事実です。

iPhone 3GS の起動速度はすごいです。3GSの「S」は「Speed」だとのことですが、ボクにいわせれば「サクッと起動する」の「S」だと思います。広告にある「最大2倍の速さ」は伊達じゃないです。気持ちいいほどに、キーボード入力画面がぱっと現れます。さきのボクの要望はハードウェアで叶えられたわけです。

monokaki3GS2.png

上記をいいかえるならば、iPhone 3GS+物書堂の辞書アプリは、市販の電子辞書専用機の水準に近づきました。もちろん市販の電子辞書専用機はこれまでの実績があるし、優れています。しかし、iPhone 3GS+物書堂の辞書アプリは、いくつかの点において専用機を上回っているところがあるといえます。たとえばジャンプ機能がすぐれていたり、画面が美しかったり、また今後のバージョンでは辞書の内容のコピーペーストも実現されるとのこと。[1] こうやってソフトウェア自体のアップデートが期待できるのも利点です。

Mac OS X Leopard には「大辞泉」がついています。本当に価値があるソフトウェアです。いっぽうで外では iPhone にインストールした「大辞林」を持ち歩く。3GSでサクッと起動するわけです。いつでも辞書がそばにある。そんな使い方がいい。

市販の電子辞書専用機にはたくさんの辞書が収録されていて便利です。しかし外に出るとき、電子辞書をもっていくというひとはかなり向学心のあるひとか、学生です。そんなときは、かさばる電子辞書専用機は机の上においておいて、 ポケットのなかの iPhone 3GS で辞書を引く。iPhone 3GSには、使用頻度がいちばん多いと思われる日本語辞書、英和/和英辞書ぐらいを入れておけばことが足りる。そんなふうな使い分けがいいんじゃないかな。

daijisen.png

最後になりましたが、物書堂の「ウィズダム英和・和英辞典」と「大辞林」は素晴らしいですね。躊躇なく★★★★★です。「大辞林」はリリース直後から素晴らしかった。「ウィズダム英和・和英辞典」は4月のアップデートで化けた。まるで別物のよう。 物書堂のソフトウェアのクオリティは信頼に足るので、「新TOEIC®テスト 英単語・熟語 マスタリー2000」も買ってしまいました。


[1] 物書堂オフィシャルページによる。


サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク