時間管理術:ランディ・パウシュ教授の「Time Log Sheet」

ランディ・パウシュ教授の「Time Log Sheet」は、時間管理の上で有効な手段です。

先日、ランディ・パウシュの「Time Management」というプレゼンテーションファイルを見ていたら、このシートが紹介されていました。

RPTJ01.png
 "Time Journals"
 学べることは驚くべきことだ。
 3日~14日の間、15分増分するごとに自分自身を観察すること。
 30分おきにアップデートすること。1日の終わりにではない。

RPTJ02.png
 "Time Log"

RPTJ03.png
 使用例

RPTJ04.png
 "Time Journalのデータを役立てること"
 する必要がないものは何か。
 他の人ができることは何か。
 もっと効率的にできることは何か。
 他人の時間を自分がどのように無駄にしているか。

※上記はこちらのプレゼンテーションファイルからの抜粋です。
http://www.cs.virginia.edu/~robins/Randy/RandyPauschTimeManagement2007.pdf


このシートを見て、ピンときました。これは使えそうだ。さっそくこの「Time Log Sheet」を Numbers を使って、真似して作成してみました。これ↓。
RPTJ05.png

ボク自身も、このファイルを紙に印刷して、自分の業務ジャーナルを付けてみました。仕事を終えてシート上の記録を眺めてみると、自分の行動がわかりました。仕事にのっているとき。集中力が切れたとき。自分の行動を振り返り、時間を有効活用するために、この Time Log シートは有効だと思いました。もっと戦略的に行動しなくてはと痛感しました。この簡単なシート、オススメです。


なおFlickr に「Time Log Sheet」のスキャンデータがアップされていました。

"Randy Pausch's Time Log Sheet" (Flickr)

せっかく Numbers で作ったのに、最初からこちらを印刷して使えば良かったですね。 ^^; 
自分で作成せずに、「Flickr にあるかもしれない」と、検索するセンスも時間管理にとって大事なことなんでしょう。。。^^;





サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク