Macが爆速に!X25-M MainstreamをMacBook Pro (Mid 2010)に載せた

MacBook Pro 17インチ(Core i5、Mid 2010)にIntelのSSD X25-M Mainstream を換装しました。

intelssd1.jpg

するとOSの起動が驚くほど速くなりました! その模様をビデオに録り、YouTube にアップしました。



このビデオの中では、わかりやすさのため、起動時にクルクルまわるところをスローモーションで拡大してみました。お気づきかと思いますが、クルクルは半分回ったところで終了し、ブート完了です。めちゃくちゃ速いです!

下は、MacBook (Late 2008, Core2Duo 2.0GHz)の動画です。同じIntelのSSD X25-Mを使用しています。

こちらはクルクルが5回程度です。

両者を比較してわかるのは、おそらくCPUの速度がクルクルの回転数に影響しているだろうということです。(厳密な比較ではないので、おそらくとしておきます)

ボクはこれまで、体感上の速さに関して影響を及ぼす重要な要素はディスクIOだと考えていました。CPUやメモリではなく、HDDの速度、SSDの速度がより大事だと考えていました。したがって、CPUの速度は、SSDのもたらす享受に比べれば、それほど大きくはないだろうと考えていました。

しかし、今回Core2Duo2.0GHzから、Core i5 2.53GHzに変更することで、目に見えて起動時の速度が上がっていることに驚いています。(当たり前といえば当たり前な結論ですが。。。苦笑)

もちろんユーザはMacの起動を日になんどもするわけではありませんし、またシャットダウンせずスリープだけで運用しているかたも多くいらっしゃると思います。したがって、「起動の速度」だけを取り上げても実際上はあまり意味はありません。

しかし、Core i5 2.53GHzの速さは体感上感じられます。SSD だけでも相当きびきびうごくのですが、Core i5 がさらにスピードを与えてくれているような感じがあります。例えばシステム環境設定を開くなどしても、もたつきが感じられません。いままでCPUの速度にあまり関心はなかったので、意外な発見でした。

IntelのSSDでもリテールパッケージのものは、メーカー保証が3年あるので、安心できます。

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク