ウォルト・モスバーグが語るITジャーナリストのもつべき倫理とは

どうも、Jack です。

現代ビジネスに、ウォルト・モスバーグのインタビュー記事が掲載されています。

 W・モスバーグ「ジャーナリストが業界のコンサルタントになってはいけない」
 「アメリカ最強のITコラムニスト」にインタビュー(前編)

非常によい記事でした。具体的な事例がのべられ、わかりやすいです。一読をお勧めします。

ウォルト・モスバーグは、アップルファンにはおなじみの WSJ のジャーナリスト。スティーブジョブズさんとも仲が良いことは周知のことです。そのモスバーグさんにジャーナリズム活動について牧野洋さんがインタビューしています。

モスバーグさんが倫理声明を出しているとは知りませんでした。

http://allthingsd.com/about/walt-mossberg/ethics/

牧野さんは「日本の新聞記者は業界寄りの情報を発信しがち」と指摘しています。確かにそうだと思う事例は、枚挙にいとまがありませんね。IT業界も同じことが言えます。

いったいだれのための報道なのか? そのためにジャーナリストが死守すべき倫理規定とは?

後編が非常に楽しみです。^^

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク