iPadとApple Wireless Keyboardは相性がいい

どうも、Jack です。

何を今更、、、、みたいな空気を読まず、エントリします。

iPadにApple Wireless Keyboardをつないでみました。文字入力の操作が格段にラクになりました! 相性がいいですね~。

ipadkey03.jpg

きっかけは、先日マクドナルドを訪れたときのこと。食事をしているボクの斜め前方にいる若い男性が、iPhone 3GSをテーブルの上においたまま、お盆のうえにおいたApple Wireless Keyboardになにやらすごい勢いで文字を入力しているのを見たんです。わずか3.5インチのスクリーンのiPhoneにそれよりも何倍も大きなキーボードで入力してるので、「うわぁ、すごいな・・・。タッチ入力とは全然違うんだろうな」と見ていて、感心しました。

ipadkey01.jpg

帰宅後すぐに Mac mini につないであったApple Wireless Keyboardを iPad につなぎかえてみました。

「速い・・・・!」

ソフトウェアキーボードと物理キーボードの入力スピードの差を感じました。Macのまんま、とはいいませんが、かなり近いフィーリングで文字を入力できます。

よく考えてみるとiPadを購入後、iPadでブログの記事のような長文のものを書こうという気はさらさらありませんでした。iPadの漢字変換の効率がMacのそれに劣っているためです。

iPadで文字入力する行為を、1)入力 2)漢字変換 3)選択 に分解してみると、物理キーボードの導入によって入力スピードがぐんとアップします。漢字変換は依然として変わらないのですが、キーボードでさくさく選択できるので、全体として入力効率が高まります。またソフトウェアキーボードで画面が支配されることがなくなりますので、画面を見渡せます。

ipadkey02.jpg

iPhoneやその他スマートフォンを見ればわかるように物理キーボードからソフトウェアキーボードへの進化の流れは必然です。ですが、日本語環境下のiPadでは、ソフトウェアキーボードはまだもうちょっと手になじむのに時間がかかるのかなぁという印象です。

ただしApple Wireless Keyboardをブルートゥース接続することががかならずしもいいとは言い切れない点もあります。単純にKeyboard自体がかさばるので、持ち歩きには不便であること。

また、Command を組み合わせたショートカットが限定的であるという点もあります。利用できるショートカットは Command+A、Command+C、Command+X、Command+V、Command+Zとです。たとえば iWorkのPagesでは Command + B でボールドになってくれません。(当たり前といえば当たり前なのですが・・・。)

ツイッターで野間美由紀先生に教えていただいたのですが、iPad case with Keyboard(キーボード一体型iPadケース)は、iPadのひとつの可能性を示していると思います。

2911p1.jpg

iPhone/iPad用のエディタアプリ「iText Pad」が、ブルートゥース接続モードともっと親和性を増したら、さらに面白くなるんじゃないか。そんなことを感じました。^^


(参考URL)
iPhone+iPad FAN (^_^)v: 「超快適!! iPadにAppleワイヤレスキーボードを接続してみる。

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク