GXR + GR LENS A12 50mmのファームウェアV1.29

どうも、Jack です。

リコーは11月1日、GXRおよびそのレンズユニットに対して新しいファームウェアV1.29をリリースしました。

 GXR / ソフトウェアダウンロード / サポート情報デジタルカメラ | リコー

このファームウェアによりさまざまな機能改善が図られたのですが、一番の注目点は AF が速くなったことです!

gxrv1291.jpg

GXRのレンズユニットでとりわけ A12 50mm は非常によい写りをします。しかし難点はAFが遅いこと。ジーコージーコー、といいます。あまり動かない被写体、風景ならこの速度でもいいのでしょう。

ボクは家族、とりわけ2歳の男の子を映すことが多いです。ちょこまか動く被写体を GXR + A12 で捉えるのは正直きつかったです。これまでかなり失敗作がありました。「トブさんのいうとおり、GF1にしておいたほうがよかったな。。。」と頭を抱えることがありました。

ところが今日、先のファームウェア V1.29に上げた GXR を携え、家族で公園に行って撮影してきたところ、AF が驚くほど速くなっていました。いままでのファームウェアはいったいなんだったんだ....

gxrv1292.jpg

ショボい作例でサーセン

このファームウェアのアップデートで、自分の中でGXRに対する評価がかなり変わりました。子どものようにじっとしていない被写体でも問題なくなりました。

ボクは A12 50mm と P10 28-300mmを使っているのですが、そもそもこの組み合わせに対してはたいへんよい印象を抱いていました。本気でポートレートなんかを撮りたいときは A12 でいいし、ちょっとしたスナップには P10 のズームがとても便利。しかも GXR 自体コンパクトにまとまっているので、レンズユニットを1個持っていくのも、交換作業もおっくうではない。ボクのように、荷物の多い子連れにもぴったりなんです。

ソフトウェアひとつでカメラがここまで変わるものなのですね。GXRが今後ますます活用できそうだという気がしています。

GXRはまずボディとA12 50mmを買うのが正解です。その次は A16 ズームでしょう。S10, P10 は現時点ではメリットがあまりなくなってしまいました。




サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク