モバイルWi-FiルーターがあればどこででもFaceTimeができる

どうも、Jack です。

モバイルWi-Fiルーターがあれば、iPad 2やiPhone 4、iPod touch、そしてMacで、どこででも FaceTime ができます!

facetimeforipad2.png

アップルのサイトにある iPhone 4 に搭載された FaceTimeの説明ビデオでは、屋内と一部自宅庭での使用例が紹介されています。これが含意するのは、FaceTimeは自宅やホテル、病院、軍などの建物内におけるWi-Fi環境での使用が想定されているということです。

また iPad 2 のFaceTimeの説明ビデオも基本的には同じで、自宅における利用シーンをアピールしています。

しかしFaceTimeは、Wi-Fi環境さえあれば利用することが可能です。(ここではジェイルブレイクして、3GでFaceTimeを利用するという選択肢を排除します。)たとえばモバイルWi-Fiルーターをひとつ用意してやれば、電波の届くところであればどこででもWi-Fi環境を作れるわけですから、FaceTimeを利用できます。

先日、会社に持っていったボクの iPad 2 (Wi-Fiモデル、16GB) を WiMAX のモバイルWi-Fiルーターにつなぎ、FaceTimeから自宅の家族の使用する iPhone 4 へビデオ通話を試みました。自宅の iPhone 4は フレッツ光 + TimeCapsule につながっています。

こちら側の iPad 2 の連絡先アプリから連絡先を選び、家族のiPhone 4の番号をクリックしました。(この番号は、+81-90-xxxx-xxxx である必要があります。)そうするとあっさり FaceTime のビデオ通話がスタートしました。じつに簡単です! ビデオもそこそこ綺麗。音も明瞭。

facetimeforipd2.png

iPad 2 (Wi-Fiモデル) には電話機能は当然ついていません。しかしモバイルWi-Fiルーターを用意してやれば、FaceTime でビデオ通話がどこででもできます。相手側が FaceTime を利用しているという条件がありますが、iPad 2が電話になります。自宅に限らず、会社でもカフェでもスポーツクラブでも、また海でも山でも、電波があればどこででも FaceTime ができる。これ、けっこうすごいと思います! これまでとはちょっと違ったコミュニケーションができます。しかも、WiMAXなら料金は固定の3,880円。どんなに通話しても値段はいっしょ。

***

昨年初代iPad が発売されたあと、その衝撃的なデビューにおそらく促される格好で、携帯電話キャリア各社からモバイルWi-Fiルーターが発売されました。2010年は iPad の年であるだけではなく、モバイルWi-Fiルーターの年であると言ってもいいと思います。

各キャリアの出している主なモバイルルーターは下記の通りです。

 NTTドコモ・・・BF-01B・HW-O1C
 au・・・Wi-Fi Walker Data05
 イー・モバイル・・・Pocket WiFI GP01
 日本通信・・・b-mobile WiFi
 UQコミュニケーションズ・・・WM3500R・URoad-8000

この中でベストバイは、WiMAXかドコモのモデルでしょうね~。WiMAXは月額料金3880円と安くて、スピードが速く気に入っています。ドコモのウリはサービスエリアの広さですね!値段は少々お高め。

なお、ボクはWM3500Rをつかっていますが、追加でHW-O1Cに「b-mobile micro SIM U300」を刺して利用したいと思っています。

***

iPhone 4に搭載された FaceTimeが、iPod touchへ、そして Mac や iPad 2 へと展開されました。かつてSF映画で観たようなビデオ通話が FaceTime で実現されていることに軽く興奮しています。^^


サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク