iTunesライブラリのカテゴリ分類機能を活用する

どうも、Jack です。

iTunesには、曲をカテゴリー別に分類する機能が搭載されています。ボクはこの機能をフル活用することが、iPhoneや、iPod touchなどのiPodシリーズを存分に楽しむことにつながると考えています。

たとえば下はボクのiTunesの設定です。ライブラリにはすべてのカテゴリを表示する設定にしています。ムービー、テレビ番組、Podcast、iTunes U、Booksなどなど。

iTunesCategory01.png

たとえば iTunes Uのカテゴリ。下はボクが購入した英語教材のCDをMacに取り込んだものです。これは、音楽のジャンル「英語学習」などとするのではなくて、カテゴリを iTunes U に分類してやります。(操作方法はオプション→メディアの種類で変更します。)こうすることで、音楽と分離することができます。シャッフルさせてもまざりません。

iTunesCategory02.png

さらに例えばBooksのカテゴリ。下は瀬戸内寂聴の源氏物語の朗読です。これも音楽のジャンル「Books & Spoken」などとするのではなく、カテゴリを「Books」に分類して、オーディオブックとして認識してやります。カテゴリ「Books」にはiBookstoreでダウンロード購入した書籍やMacでD&DしたPDFなどにくわえて、このオーディオブックが追加されます。

iTunesCategory03.png

上記で述べたように、iTunes Store にあるiTunes UコンテンツやiBookコンテンツに興味がない場合は、手持ちのCDからカテゴリ分類機能を利用して自分でライブラリを作ることができます。^^



サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク