東京・東陽町にある ふ清の麩まんじゅうは絶品

どうも、Jack です。

東京都江東区東陽町にある、生ふ・生ゆば専門店「ふ清」の麩まんじゅうを紹介します。ふ清は京生ふ・細工ふ・京生ゆばの製造販売、卸業を営んでおり、麩まんじゅうも製造しています。この麩まんじゅうがとても美味しいのです。京都の系譜のお店だからでしょうか。

ボクは和のスイーツがすきで、とりわけわらび餅と麩まんじゅうに目がありません。東京でも麩まんじゅうは手に入りますが、ボクの知る限り東京で一番美味しいのはここ「ふ清」の麩まんじゅうです。マジ、オススメです。絶品です。

今回、麩まんじゅう蓬生地+こしあん4個と利久巾着麩 胡麻生地+しろあん4個を購入しました。

fusei4.jpg

お昼のあとデザートに頂くことにしました。

fusei5.jpg

麩まんじゅうと利久巾着麩がそれぞれ密封されています。これにより鮮度が保たれているわけです。

fusei6.jpg

まずは麩まんじゅうのほうをあけてみることにしました。

fusei7.jpg

笹が瑞々しく、鮮度が保たれています。(ちなみに賞味期限は2日だけです!)

fusei8.jpg

笹からとりだしてみました。一瞥するだけでぷるぷるっとしているのがわかります。なお「ふ清」の麩まんじゅうは、東京の麩まんじゅうにありがちな、青のりが入っておりません。これはポイントが高い。

fusei9.jpg

包丁で切ってみました。こしあんがでてきました ^^

fusei10.jpg

麩まんじゅうは植物性タンパク質と植物性脂肪を含んでいます。ダイエットが気になる人でも食べれると思います。

さて夜ご飯の後、利久巾着麩を開けてみました。

fusei11.jpg

こちらは胡麻生地。麩まんじゅうにくらべてややこぶりです。

fusei12.jpg

美味しいしろあんがでてきました。こちらもモチモチしていて、実にうまい。

fusei13.jpg

繰り返しになりますが、ボクにとっては、ここ「ふ清」の麩まんじゅうが東京では一番美味しいです。

ここの会社の2代目の方のブログによると次の通りだとのことです。

和菓子屋さんなんかにも麩まんじゅうが売ってるけど
粉末のグルテンを使ってる店があるのね・・・
是非とも専門店の物を食べ比べて
物が違うよ
有名料理店やホテル、ミシュランに載ってるお店にも納品してるんだよ
一般の方までなかなか出回らない商品を・・・
あなただけに・・・

生麩って知ってる?|ピースとテトの独り言」より引用



納得です。「ふ清」の麩まんじゅうをひとくち食べればわかります。Highly recommend です~^^

***

さてふ清は東京メトロ東西線の東陽町駅から徒歩10分ぐらいのところにあります。

fusei1.jpg

住所は、東京都江東区東陽7-2-10 です。

fusei2.jpg

葛西橋通りにはのぼりがたっていました。

fusei3.jpg

※写真はすべて GXR A 12 50mm マクロで撮影しました。

(参考URL)
京生ふ・京生ゆばの製造販売、卸業の株式会社ふ清
・ふ清の2代目ブログ:ピースとテトの独り言「生麩って知ってる?」
・ふ清の2代目ブログ:ピースとテトの独り言「湯葉の作り方」


サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク