iPhoneに本をたくさん詰め込んで (iBooks, ComicGlass, GoodReaderの活用)

どうも、Jack です。

パワフルなiPhone 4Sに本をたくさん詰め込みたくなったのです。iBookstoreで購入した本はもちろん、自炊したPDFファイルを iPhone に入れてやります。iPhone 4Sは64GBの容量がありますから、人ひとりが所有する書籍データであればまずまちがいなく入ることでしょう。

かねてから手持ちの本は ScanSnap 1500を利用して、徐々に「自炊」しています。いまのところ40冊ほど自炊が完了しました。自炊した本は Mac から iPhone 4S に転送します。

さてiPhone 4S では次のアプリを使用しています。

 1. iBooks
 2. ComicGlass
 3. GoodReader

これら3つのアプリを使い分けているんです。

jisuiiphone4s1.jpg

まず iBooks では、EPUBを読むのに利用しています。下は先日購入した Steve Jobs 氏の伝記です。

jisuiiphone4s2.jpg

iBookstoreでは、古典(たとえばマーク・トゥエインなど)のEPUBが無料でダウンロードできます。そんなのを iPhone 4Sに入れています。

iBooksアプリでは PDF ファイルも扱えるのですが、たんなる管理目的でEPUBのみを入れて、閲覧しています。ComicGlassには右開きの本(文章が縦書きのもの)のPDFを入れています。

たとえばボクは毎週2回ジムで筋トレを行っています。そのためのリファレンス本として、石井直方・岡田隆『5つのコツでカラダが変わる! 筋力トレーニング・メソッド』を入れています。

jisuiiphone4s3.jpg

これはほぼオールカラーの本で、自炊するとざっと300MBになります。それでもComicGlassはサクサクページをめくってくれます。トレーニングのさい、わざわざ本を持っていかなくても、iPhone 4S に入っているこの本を参考にすることができます。実にありがたい!

jisuiiphone4s4.jpg

さいごにGoodReaderには、左開きの本(文章が横書きのもの)のPDFを入れています。たとえば洋書などをいれていますが、英語の教材なんかもいれています。

jisuiiphone4s5.jpg

GoodReaderもレンダリングが速くてきもちいいです。

***

手持ちの本で、参照したいもの、大切なもの、いつでも読みたいもの、また分厚くて家で邪魔なものを優先して「自炊」しています。

ScanSnapで自炊すれば、いつでもどこでも iPhone で本が読める。通勤電車の中でも、会社でも、フィットネスクラブでも、あるいはベッドの中でもさっと読める。しかもページめくりはサクサクです。こういうことがやりたかったんです。^^



サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク