アップルストア銀座でアサカツ (One to One パーソナルトレーニング)

どうも、Jack です。

今年8月に MacBook Air を買ってあげた妹から先日、SMSが届きました。

「最近は平日の朝8時からOne to One パーソナルトレーニングを受けてから、会社に行っていますよ!」

驚きました。アップルストア銀座ではそんなに朝早くからOne to Oneパーソナルトレーニングセッションを行っているのですね。アップルストアでアサカツ!

アップルのOne to Oneはさまざまなサービスにより構成されています。パーソナルトレーニングセッションはそのひとつ。専属トレーナーと1対1で、1時間トレーニングを受けられます。これはすごいサービスです。

妹は Mac に触れたのが2008年で、それから3年たっていますが、One to Oneパーソナルトレーニングセッションを受講して、「Macの基礎について、今まで知らなかったことを丁寧に教えてくれるよ。」と感想を述べています。

Mac にせよ、iPhone にせよ、マニュアルがなくてもけっこう使いこなすことができます。これがアップル製品のいいところ。しかし、スキルある人に1時間みっちり教えてもらうことができるならば、知らないことが(程度の差こそあれ)たくさんあることに気づくことと思います。そのけっか、ユーザは Mac のテクを身につけ、スキルはぐんぐん伸びるでしょう。

妹はアップルストア銀座から歩いてほどないところで勤務していますので、貴重な朝の1時間を Mac のトレーニングに費やしてから、出社できます。MacBook Air 11インチは持ち運ぶのに軽くて便利。なんとも理想的です。

さらに妹にたずねてみると、パーソナルトレーニングは午前のみの開催で、パーソナルプロジェクトセッションは午後もあるそうです。パーソナルトレーニングは人気があるため、なかなか予約を取れないみたいです。

One to Oneは年間9800円のサービスです。これは破格ともいっていいプライス設定です。パーソナルトレーニングに月に1回、年10回もいけばじゅうぶん元が取れます。知識のあるトレーナーを1時間拘束して、あれこれ質問できる。こんなに贅沢な時間はないです。だから、Mac はアップルストアで購入して、同時に One to One をつけるのが賢い買い物だとずーっと思っています。

コンピュータはスペックが重要です。ハードウェアもソフトウェアもネットワークも速いことは善です。予算の許す限り、高速なものを選ぶのがいい。同時に、ユーザのスキルアップも高速化には必要です。アップルストアのパーソナルトレーニングを利用して、知識や技術を身につけること、ITスキルをアップすることもまた高速化に寄与することに違いありません。

ちなみにアップルストア銀座ではOne to One メンバー向けワークショップが開催されています。専門的なソフトウェアも対象になっています。たとえば Final Cut Proや Aperture についても取り上げられています。いちど参加してみたいですね~。

onetoonefcp.png

ボクもまたOne to Oneを買ってみようかと思っています。 ^^

(参考URL)
おかゆ MacBook「MacBook Air (Mid 2011) を妹にプレゼントしてみました
おかゆ MacBook「OneToOne でスキルを伸ばそう
おかゆ MacBook「新しいOne to Oneについてアップルストア銀座の店員さんに聞いてきた

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク