GXR A12 50mm: 料理を撮る場合はF3.5以降にするのがいい

どうも、Jack です。

リコーのカメラ「GXR」を愛用しています。とりわけ A12 50mmというレンズユニットは写りがいいので、重宝しています。

ブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」のやまけんさんもこちらのユニットをおつかいとのこと。

エントリ「で、結論として昨年、D700以外に最もよく使ったカメラは、リコーGXRでありました。A12 50mmマクロユニットと28mmユニット、そしてすでに伝説のライカレンズユニット、これからズームも出るかもしれん」にはGXR A12 50mm で撮影された美味しそうな料理の写真がいっぱい掲載されています!

やまけんさんは次のように述べています。

「このユニット、とにかく画が美しい。ボケも素直で、点光源はまん丸になる。開放値のF2.5にすると、信じられないほどぼけるが、それゆえぼけすぎて何が何だかわからなくなっちゃうことが多いので、個人的には料理を撮る場合はF3.5以降にするのがいいと思う。」



そうだったのかー! これまでついつい開放で撮っていたのです。^^; 

F2.5 での料理写真を下記にアップします。

魚料理
gxra123501.jpg

チキン
gxra123502.jpg

ホタテのリゾット
gxra123503.jpg

ん~、それぞれボケて面白いのですが、ぼけすぎて、主題が何なのかよくわかりづらいです。

そこで、F3.5 で再度撮影をしてみました!


gxra123504.jpg

チキン
gxra123505.jpg

ホタテのリゾット
gxra123506.jpg


上記の例のとおり、F3.5 だとシャキッと写ります。テーマが明確になります。リゾットなんかは中心のホタテにくわえて、周辺のご飯もちゃんと形がわかるように写っています。こっちのほうがずっと美味しそうです。

GXR A12 50mm で料理を撮影するときはF3.5以降にするのがいいのです。やまけんさん、ありがとうございます ^^

(参考URL)

ブログ: やまけんの出張食い倒れ日記「で、結論として昨年、D700以外に最もよく使ったカメラは、リコーGXRでありました。A12 50mmマクロユニットと28mmユニット、そしてすでに伝説のライカレンズユニット、これからズームも出るかもしれん


GXRはまずボディとA12 50mmを買うのが正解です。その次は A16 ズームでしょう。S10, P10 は現時点ではメリットがあまりなくなってしまいました。




サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク