新しい iPad の音声入力を試してみたい!

どうも、Jack です。

新しい iPad には音声入力が搭載されています。これを使うと、声で文字を打つことができます。

クパチーノに本拠がある会社は次のように宣伝しています。

「Eメールを書く。テキストメッセージを送る。インターネットで検索する。メモを取る。そのすべてをあなたの声で行えます。指先で文字を入力する代わりに、キーボード上にあるマイクアイコンをタップ。入力したいことを言うとiPadがその内容を聞き取り、「完了」をタップすれば一瞬であなたの言葉がテキストで表示されます。音声入力は他社製アプリケーションでも使えるため、Facebookで近況をアップデートする時も、思いついたことをTwitterでツイートする時も、すべて声でどうぞ。」


ついに音声入力が来たか!と胸を躍らせています。というのも、昨年5月、次のようなエントリをしたのをおもいだしたからです。

 おかゆ MacBook 「iPadの「日本語50音キーボード」で日本語入力

ここでは日本語の入力方法である「ローマ字キーボード」と、iOS 4.2で追加された「日本語50音キーボード」を紹介しました。また、

もしかすると Google App や Dragon Dictation のような、音声による文字入力のほうが、キーボードによる入力よりも優れていると考える見方もあるかもわかりませんね。

と述べて、まったく違う文字入力方法の可能性を考えました。

iPad とお付き合いして約2年たちますが、やっぱり iPad での日本語文字入力は難しいと思っています。とくに日本語50音キーボードになかなか慣れません。外付のワイアレスキーボードのほうが早く打鍵できるというのが偽らざる心境です。もう指にQWERTYが染みついちゃってるんです ^^;

そこで新しい iPad の音声入力機能にとても期待しているのです。ご承知のように iOS 5.1から採用された日本語のSiriは、非常に正確にボクの日本語を認識してくれます。これは驚くべき水準だと思っています。実用に耐えうる革新的な機能であるのは、すでにおおくのiPhone 4Sユーザが指摘しているところです。Siriは携帯電話の操作方法をガラリと変化させました。そして来たるべき新しい iPadの音声入力機能は、Siriで採用されているものとおなじ水準で日本語を聞き取ってくれるものと期待していますが、もしそうなら長文を入力するのが実に楽になります。音声入力は iPad のあり方を高次元に高めるのではないかと夢想しています。

宣伝の通り、Eメールを書く。テキストメッセージを送る。こんなことが音声で入力できたらすばらしいです。たとえばまだ字の読めない子どもでも、音声で入力してメッセージを送れるなんてことができるかもしれません。(補助者が必要になるでしょうが)iPhone 4Sは携帯電話の契約が必要ですが、契約のいらない新しい iPad で、もしそんなことができたら、面白いだろうなぁ~!!

新しい iPad にSiriが搭載されなくて、落胆したという向きの方もいらっしゃるかもしれませんが、不採用の理由はともあれ、この音声入力機能こそは、とりわけ日本語ユーザにとって新しい iPadをずっと魅力的なものにするのではないかと考えています。はやく触ってみたいですね!

(参考URL)
おかゆ MacBook「Incase Workstation for Apple Wireless Keyboard, iPad and iPad 2をゲット








サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク