食費を減らせば、Macの2台や3台は楽に購入できる

どうも、Jack です。

Mac Peopleで連載をお持ちの塩沢一洋先生は、このところ1日1食の生活を実践していらっしゃるのですが、先日おもしろいツイートをしていたので、ご紹介します。



先生のいわれるとおり、浮いたお金で Mac を買えばいいのですよ ^^

先週WWDCの開催より Mac 界隈は急に活気を帯びており、きっと多くの方が「新しいMac、買っちゃおうかな。どのMacがいいかな」などと思っているに違いありません。

なかには、「MacBook Pro with Retina displayは良さそうだけれど、しかし18万4800円は高いよ」という方もいらっしゃるかもしれません。そこで登場したのがApple ローン金利0%キャンペーン。12回払いだと、分割支払金15,400円で、分割手数料なし。オレ自身はローンは使うつもりはありませんが、契約内容をよく理解して利用するならば便利なこともありましょう。

塩沢先生が言われるとおり、もし仮に毎日1000円浮かせることができるならば、MacBook Pro with Retina displayの毎月の分割支払金15,400円などすぐにクリアできます。それどころか2台も購入できることになります。これはおいしいですよ。

***

まずお断りしておきますが、塩沢先生もオレも医師ではないということです。下記に述べることはなんら人に勧めるものではなく、自分の経験と考えに基づいて、感想を述べているに過ぎません。

実はオレもちょうど過去1年間、毎日のカロリー摂取量を計算し、小食な生活を実践しています。厚労省によれば、30,40代成人男性 (オフィスワーカー) の摂取基準は2300kcalですが、それよりも少なめで押さえています。朝はたくさん食べてる (1200kcal) のですが、昼は少々、夜はほんとに少ない量を食べています。具体的には、夜は低脂質ヨーグルト225g、とバナナ1本だけ。270kcal程度です。わずかな量ですがよく咀嚼して食べています。そんな粗末な夕食ですが、毎日元気にしており、週に二度ジムでベンチプレス 80kg を上げています。

もともとオレはたばこは吸っていませんが、1年前より飲酒を一切やめ、脂っこいディナーをやめ、カフェインもやめました。筋力トレーニングもしたら、とても健康になり、体重はつねにBMI 22未満です。ウエストも69.5になりました。食費の面では、毎月の分割支払金に相当する15,400円などすぐに浮きます。

要はどういう人生を求めるのかということ。脂っこい食事、甘ったるいスイーツを食べて、脳がアルコール漬けになるほどお酒を飲みすぎて、カロリーオーバーする毎日の生活がいいのか、それとも最新の Mac がある生活、クアッドコアのCPUを搭載したスーパーパワフルノートやIvybridge搭載の超薄型ノートを楽しむ生活がいいのか、どっちなんだという話です。オレは後者を選びます。^^

※なお食費を減らすといっても、くれぐれも「毎日カップラーメンでがんばる!」などというのはダメですよ。病気になって結局は高くつきます。キチンと栄養のあるものを摂取しましょうー。

(参考URL)
shiology 「2764-120606 「1日1食」(18時間ダイエット)はお得
おかゆ MacBook 「iPhone のために無駄遣いをなくす

サイト内検索

プロフィール

profilesoh.png

Author: Soh

名前:Soh
年齢:アラフォー
住所:東京
職業:デジモノコラムニスト
こんにちは。Sohと申します。
東京都在住のアラフォーです。デジモノに関するレビューやコラムを書いています。

カテゴリ

過去記事アーカイブ

全記事表示リンク